グルッペ「やおやの料理教室」11月の様子

  今月は第三土曜日にグルッぺ荻窪店の秋祭りだったため、土曜日の分は第一に振り替えました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は、甘い野菜のスープ、いなり巻き、コロッケ、パイと手の込んだものばかりになってしまい、時間も押してしまって申し訳ありませんでした。

 甘い野菜のスープは優しい味、と皆さんほっこりされていました。パイはバターを使わないのにパイのように層ができていてビックり!さらにノンシュガーなのに満足できる甘さで皆さんに好評でした。

 コロッケを作ると水で溶いた粉やパン粉など少々余ったりしますが、それも最後混ぜてお焼きにしていただきました。まさに始末の料理ですね。食材を無駄にしないこと、私はこれを参加者の皆さんと共に大事にしています。

 作業が多くて皆さんお疲れになったと思います、本当にありがとうございました。

 

 昨日の第三日曜日は通常にやおやの料理教室を行いました。両日ともに楽しい時間でしたね、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 やはり、甘い野菜のスープは皆さんにとって、今、必要としているスープだったような感じでした。最初にスープをおすすめして飲んでいただきましたが、何かふっと溶けてリラックスし会場の空気が柔らかくなり心地よい雰囲気になったのです。もちろん、料理中も楽しくて良い雰囲気なのですが、浄化されるような、そんな感じでした。

 今回も土曜日と同じように時間がかかってしまい、申し訳ありませんでした。

 

 さて、来月は年末でグルッぺのお店が慌ただしくなるため、第二土日曜日になります。詳しくは料理教室のご案内をご覧のうえ、お申し込みください。よろしくお願いします。

グルッペ「プチ薬膳料理教室」11月の様子

 昨日はグルッぺ荻窪店でプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 冬の薬膳のテーマで実習しました。メニューは鶏の薬膳スープ、山芋とキャベツのお焼きを作り、薬茶は杜仲茶でした。

 写真ではわかりにくいですが、お焼きはキャベツたっぷり、さらに山芋の効果で軟らかい生地になり、1枚ペロリと食べられる軽さです。スープは鶏肉の甘さ、棗の甘さも加わって全体的にほわりと甘いスープになりました。

 食後は、冬の薬膳を五行を使って説明しつつ皆さんからも質問も受けてコミュニケーションを取り、楽しいひと時でした。

 

 12月は月の前半に料理教室が立て込むため、来月のプチ薬膳料理教室はお休みさせていただきます。また、来年の予定は改めて薬膳料理教室のご案内にお知らせいたしますので、しばらくお待ちくださいませ。

 

くらし塾~麹いろいろ~のお知らせ

今月の11日、日曜日にグルッぺ荻窪店の3階で午後1時から3時までくらし塾を開催します。

 

只今、発酵中の醤油麹と酢麹の写真です。すこぶる順調です!

当日は、これらを実習してさらに試食もあります。他に塩麹の実習もあり、お手製の塩麹は市販されているものとひと味もふた味も違って美味しいですよ。これらの麹を使ったドレッシングを旬野菜と共に試食していただきます。

さらにさらに、甘酒の試飲もあります。甘酒は作るのに時間がかかるため、あらかじめ私が作ったものを持参し作り方のレシピを説明いたします。

 

参加費を1500円とリーズナブルな価格にしているため、当日皆さんで作った麹類のお持ち帰りはありませんが、試食はありますことをご了承ください。詳しくは料理教室のご案内をご覧の上、お申し込みください。グルッぺ荻窪店に電話か当ホームページのお問い合わせからご連絡くださいませ。皆さんのご参加お待ちしております。

善林庵「季節のマクロビオティック料理」10月の様子

 28日は、いわきの善林庵さんで季節のマクロビオティック料理教室を行いました。たくさんの方にご参加いただき、心より感謝申し上げます。また、主催してくださった善林庵のオーナー様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 今回のメニューは、蓮の実入りご飯、長芋のスープ、車麩のすき焼き、蓮根の甘酢和え、リンゴのクルミあん和え(写真無し)の5品を実習しました。さらに、豆腐の味噌漬けを私が持参して皆さんに試食していただきました。写真は地味ですが、食べてみると心に染みわたる味です。皆さんに好評でしたよ。食後に五行説などのお話しをしましたが、皆さん熱心に聞いてくださり私もやりがいがありました。ありがとうございました。

 

 善林庵さんの今年のお教室は今回が最後ですが、来年の7月と10月にも開催予定となりました。今まで同様、旬の野菜や食材を使った穀物菜食の内容ですすめて参りますので楽しみにしていてください。

グルッペ「やおやの料理教室」10月の様子

昨日と今日は、グルッペでやおやの料理教室を行いました。両日共に満席!ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回は、参加者さんのリクエストでおはぎを作りました。玄米のうるち米と餅米を混ぜて炊いて半搗きにし、塩のみで味付けしたあんこで包み食事仕様に。小豆の煮方、塩加減が最適でした。豆腐で作るシュウマイ、栗あんを入れたココアカップケーキも美味しいと好評でした。

 

*お詫び

土曜日に参加された皆さんへ。和菓子の話で「亥の子餅」のことを説明しましたが、それは間違いでした。亥の子は11月ごろ和菓子屋さんに並ぶお菓子です。申し訳ありませんでした。

 

来月はグルッぺ荻窪店で収穫祭があるため、第三土曜日を第一土曜日に振り替えました。ご確認の上、お申し込みくださお。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「プチ薬膳料理教室」10月の様子

 昨日はグルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回のテーマは秋の薬膳

メニューは、黒豆と松の実入り玄米ご飯、根菜のクルミ味噌汁、さらに余った食材で大根と人参の浅漬けを作りました。

一汁一菜のシンプルメニューですが、玄米ご飯と具だくさんの味噌汁で満足度の高い食事でした。玄米ご飯のプチプチ食感とクルミ味噌のコクで美味しいと皆さんに好評でした!

薬茶は、杏仁粉と豆乳のお茶でこの時期にふさわしいお茶です。ほんのり甘くてほっとする味わいでした。

 

来月は11月11日(日)で、時間も10時からになります。ご了承ください。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「薬膳料理教室、美肌」10月の様子

昨日はグルッペで、年4回開催の薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

テーマは美肌。

それに関する薬茶とメニューを皆さんで作って試食しました。

写真の右端から時計まわりに生姜と松の実ご飯、豆腐と椎茸の薬膳人参スープ、豚肉のプルーン煮、ホウレン草とヒジキの白ごま和え、梨と巨峰の柚子酢和えです。

スープの人参は、オタネ人参(高麗人参)を使ったので食後身体の芯からポカポカと温まって心地よかったです。

食後のお話しも美肌、美容に関する内容がかなり盛り上がって皆さんとディスカッション形式になり、楽しかったと感想をいただきましたよ。

 

次回は12月5日に冷え性がテーマです。詳しくは薬膳料理教室のご案内をごらんください。お待ちしております。

「薬膳食養講座」2回目の様子

今日は薬膳食養講座をグルッぺ荻窪店で行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回は中医学の大元になる易の内容ですが、易はとても奥が深いため薬膳や私たちの日常に関する事柄をピックアップして話しました。方角や時間、暦、毎月の行事など易が基本になっているとは!知ってよかった、と参加者さんから感想をいただきました。私も話していて楽しかったですよ。

 

さて、来月は陰陽の内容になります。陰陽は同じ食べ物でも陰陽が逆になっていて困ることありませんか?なぜ、そうなるのかも説明しますので、特にマクロビオティックを習われた方は必見です。皆さんのご参加をお待ちしております。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

 

この写真は、今回の薬茶「桂花茶」です。桂花はキンモクセイのことで、季節がらちょうど良く香り高いお茶です。

グルッペ「やおやの料理教室」9月の様子

昨日、今日とやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回のテーマは十五夜。

玄米にきのこを炊き込み、餅きびでおまんじゅうを作ってお月様に見立てたお椀、箸休めの白菜と蓮根の和え物は酢醤油ですっきりとした味にして、あとはお月見団子を作りました。まんじゅうに団子にと手作業が多かったのですが、皆でおしゃべりしながらの作業は楽しいものですね。参加者さんからしみじみと美味しいと感想をいただきました。そして、月見椀はまるで料亭で出てくるような感じの見た目と味わいで好評でした。

 

次回は10月20日と21日(決定)で、予定ではむかごご飯でしたが玄米おはぎに変更になりました。どうぞ、ご了承ください。他のメニューは予定通りです。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「プチ薬膳料理教室」9月の様子

 

 今日はグルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回のテーマは長夏の薬膳で利水作用と健脾する食材を使ったメニューでした。アサリと枝豆のあんかけご飯とキャベツと棗のスープ。さらに残ったキャベツと人参・生姜で浅漬けを作りました。ご飯には塩麹漬け玉子をトッピングし、ボリューム満点で皆さんにご満足いただけたようです。

 食後には、長夏の養生方法もお伝えし充実した内容でした。料理をして食事して薬膳の話も聞けて、お得感のある教室です。この教室が気になる方、美味しい薬膳を召し上がりたい方など、どなたでもお待ちしております。

 次回は10月14日に秋の薬膳を開催予定です。詳しくは薬膳料理のご案内をご覧ください。

「薬膳食養講座」1回目の様子

 2日の日曜日は、グルッペ荻窪店の3階で薬膳食養講座を行いました。参加された皆様、ありがとうございました。

 

 この講座も6クール目に入りますが、参加された皆さんに薬膳や中医学の内容をわかりやすくお伝えすることを第一にすすめて参ります。

 今回は、薬膳の基本である中医学を学ぶにあたり、そのバックとなる中国の思想など概論を話しました。最初に写真のクコ入り菊花茶を飲みながらリラックスした感じで、皆さんからも質問を受けコミュニケーションを取りながら講座をすすめました。皆さんから講座の内容がわかりやすかったとの感想をいただき、私もひと安心です。

 次回は10月7日(日)に開催予定で、易の内容も少しありますので面白いですよ。初めての方や単発でのご参加でもOKなので皆さんのご参加をお待ちしております。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

 

調布「今を生きる料理教室」ベトナム料理

 昨日は、調布のgalleryCafe鈴や商店さんで料理教室を行いました。とっても蒸し暑い日で、参加者の皆さんと汗をかきながら料理を作り、食べてはさらに大汗をかきでしたが、食べ終わって落ち着くと身体がスッキリとしていました。高温多湿の国ベトナム料理は、日本の夏にピッタリのメニューだとつくづく実感しました。

 

 メニューは、牛肉のフォー、ジーマミー豆腐、塩麹漬け玉子と香味野菜のサラダ、タピオカとココナッツミルクのチェーです。フォーは魚醬のナンプラーで調味しましたが、この味に慣れていない方もあるかと思い食べやすいように他の調味料も使っています。また、パクチーは苦手な方用に青紫蘇とミョウガを用意しました。ジーマミー豆腐は、沖縄の伝統食で葛とピーナッツペーストで作り、よく練り上げたので口当たり良く出来上がりました。サラダにはゴマクリームドレッシングをかけ、チェーにはメロンを合わせ食後のクールダウンになりました。完食すると、もうお腹いっぱいでふぅふぅでしたが、夜にはちゃんとお腹も空き消化の良い食事内容で良かったです。

 

 暑い中、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。また、galleryCafe鈴や商店のオーナー様、この会を主催してださっているao akua治療院の内田先生に心より感謝申し上げます。次回は12月に恒例の陶芸家の中山先生とコラボした内容で開催予定です。

薬膳食養講座9月からのお知らせ

 薬膳食養講座をこの9月から10回に分けて開催いたします。詳しい内容は薬膳講座のご案内をご覧ください。さらに、この講座の内容を補足させていただきます。

 

 特に今年は気象条件が厳しいですね。そのような過酷な状況を何とか乗り切っていくために、薬膳の知識はとても役立ちます。料理はもちろんのこと、東洋医学からみる身体のしくみは興味深く納得することが多いです。体と心に働きかける薬膳の知識は、現代人にとって必要なのではないでしょうか。

 また、ご案内ページの繰り返しになりますが、10回シリーズと言っても連続受講しなくても大丈夫です。ご自身が必要な回だけご参加もお受けします。たとえば、スクールで薬膳を習ったけれど不明な部分を再度習いたい方などで、塾のように使っていただく感じでもOKです。薬膳に初めて触れる方でもなるべくわかりやすく説明いたします。季節の薬茶を飲みながらゆったりとした気分でご参加ください。皆様のご参加をお待ちしております。

グルッペ「やおやの料理教室」7月の様子

 昨日と今日はグルッぺでやおやの料理教室を行いました。猛暑の中ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は、あまり時間をかけずにできるメニューにしました。暑いと火を使う料理は極力短い方がいいと思いまして・・。

冷や汁は胚芽ご飯にかけて、トウモロコシとがんもの含め煮は薄味にしてトウモロコシの味を楽しみ、スイカの皮で浅漬けを作り、スイカ・バナナ・河内晩柑を添えたあんみつです。食欲がないときでも冷や汁はスルスルと食べられるからやはり夏に食べるのがベストですね。皆さんから美味しかったと感想をいただきました。嬉しいです。

 両日ともに料理の質問やさまざまな意見があり、皆さんで話し合えたことがよかったですね。自分たちで食事を作り、美味しく食べてコミュニケーションをとれる、私が目指す料理教室はこれだと改めて思いました。皆さん、ありがとうございます。

 

 8の料理教室はお休みさせていただきます。皆様どうぞ、体調を崩さないようにこの夏を乗りきってくださいね。また、9月に料理教室でお待ちしています。

グルッペ「薬膳料理教室、夏」7月の様子

夏の薬膳料理教室を11日にグルッペで行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

夏の薬膳、プラス近頃の急激な気候変動に対応する養生も内容に取り入れ、皆さんで確認できたので濃い内容となりました。

 

メニューは写真の右上から時計回りに、トウモロコシのグリル、キュウリとスイカの皮の梅肉和え、冬瓜のすり流しスープ、薬膳ジャージャン麺、スイカとココナッツミルク白玉団子のチェーです。健脾・補気・補腎・利水作用と身体を冷やし過ぎないように温性の食材も合わせ、今の状況に適応するための薬膳にしました。全体のバランスも良く、美味しいと好評でした。

 次回は、10月10日に美肌のための薬膳を行います。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

グルッぺ「プチ薬膳料理教室」7月の様子

 

 今日はグルッぺで約1年ぶりにプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 梅雨の薬膳の予定でしたが、梅雨があけてしまったので急遽夏の薬膳に変更。メニューはほぼ同じで冬瓜とエビのトロ~リスープ(写真左側でうっすらエビが見えてます)、トウモロコシとズッキーニの揚げ焼き(トウモロコシ・オクラ・塩トマト・レタスを付け合わせて)シンプルな味ながらとても美味しいとの感想をいただきました。やはり、素材が良いとその味を活かすシンプルな味付けでOKなのですね。

 

 次回は、9月9日の日曜日に秋の薬膳を実習します。メニューなど詳しくはもう少しお待ちください。

品川食育カフェ「らっきょう漬け」の様子

 24日の日曜日は、品川で食育カフェを主催している鍼灸師さんの依頼で料理教室を行ってきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。鍼灸師の横山先生ありがとうございました。

 予定ではカリカリ小梅を漬けることにしていましたが、日程の変更により時期的に小梅がなくなってしまったのでらっきょう漬けにしました。らっきょう漬けは、今回初めて行ったので参加者の皆さんにも良かったようです。そして、らっきょうは漬けただけでなく、生のらっきょうを使った料理も二品(ポテトと豚ミンチのチーズ焼き、緑豆春雨のスープ)を実習し美味しいと大評判でした。漬けたらっきょうも刻んでタルタルソースに入れたり、ドレッシングに混ぜたりと工夫次第でいろいろ使えますね。

 このように伝統食を作るのは手間がかかりますが、それを惜しまず自分のできる範囲で用意しておくとなんでも作れるような気がして心の安定につながります。私はそう感じています。さて、次回は10月14日に今年仕込んだ味噌開けをして、味噌を使った料理を作ります。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「やおやの料理教室」6月の様子

 16・17日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。両日とも6月にしては寒いくらいの気温の中ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回のお手当の飲み物は「梅しょう番茶」だったので身体を温めるのにちょうど良かったです。メニューは高きびを使ったジャージャン麺に青海苔のスープ、アスパラガスを梅肉ソースで和え、デザートは水無月でした。皆さん、高きびを使うのが初めてとのこと、炊き方から実習して炊き上がりを試食しての感想は粒の食感が良く美味しいと好評でした。そして、水無月はモチモチとして甘さもほどよくて美味しかったですね。

 今回も皆さんと共に楽しい時間を過ごし、美味しいご飯を食べられたことに感謝いたします。次回は、夏メニューです。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。*料理写真を見たい方はクリックしてみてね。

続きを読む

調布「今を生きる料理教室」ラッキョウ漬け

 

今日は調布でラッキョウ漬けと季節の薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、galleryCafe 鈴や商店さん、主催してださった鍼灸師の内田さん、ありがとうございました。

 

 ラッキョウ漬けは、まず皆さんで皮をむいて根と茎を切ることから始めました。結構な分量でしたがみんなで作業すると早く、しかも楽しい。漬け方は塩の下漬けなしの簡単な方法で作り、各自お持ち帰りしていただきました。

 生のラッキョウは、スープと新じゃがの煮物にも使い、皆さんから美味しいと好評でした。 

 

 次回は8月にベトナム料理のフォーなどを作る予定です。また、そちらに伺うことを楽しみにしております。

続きを読む

グルッペ「薬膳食養講座」10回目の様子

 

去年の9月から10回に分けて開催してきた「薬膳食養講座」が今日で最終回でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回の内容は冬の薬膳。この暑い最中に冬をイメージするのは難しいですが、これもイメージトレーニングになります。薬膳の元である中医学は、いかにイメージできるかにかかってくるのでちょうど良い機会になりました。

 そして、最終回は簡単な薬膳料理を実習しました。大和芋と貝柱のスープでまさに冬の薬膳ですが、このところの気候の変動を考えると補腎も必要なのでは?皆さんからも美味しいとの感想をいただいたのでこのメニューで良かったと思います。

 

 この講座は、今のところ9月から再開する予定ですが、詳しくは改めて薬膳講座のご案内ページでお知らせいたします。もう少しお待ちください。

善林庵「季節のマクロビオティック料理」5月の様子

 私は昨日、いわきの善林庵さんで料理教室を行いました。たくさんの方のご参加、ありがとうございました。また、オーナーの本間さん、スタッフの皆様のおかげで滞りなく料理教室を終えることができて心より感謝申し上げます。

 

 今回は沖縄料理。そうめんチャンプルーにジーマミードーフ、モズクのスープ、デザートはポーポーです。これらに雑穀入りのご飯をいただきました。

 どれも優しい味で美味しいと好評でしたが、中でもジーマミードーフの滑らかな口当たりと味が絶品とのことで、私も嬉しくなりました。ポーポーの中味は、小豆あんとかぼちゃあんでこれも好評でした。

 食後は、五行説のお話しと皆さんとのコミュニケーションタイムでとっても楽しかったです。

 次回は、10月28日ですが秋の旬野菜を使って中華か?フレンチか?そして、目玉は味噌漬け豆腐です。また、秋に皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

グルッペ「やおやの料理教室」5月の様子

 昨日と今日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。両日ともに満席になり感謝申し上げます。また、キャンセル待ちでお待ちいただいていた方々には申し訳ありませんでした。

 

 今回はニョッキのソース、ポタージュ、パンナコッタに豆乳を使い、シーザーサラダのドレッシングには豆腐を使ったので豆乳祭りみたいになりました。しかし、どれも味わいが違い豆乳の味が前面に出ていないので飽きることなく美味しくいただけました。ニョッキは生地を寝かせたりしないので意外と簡単にできると皆さんに好評でしたよ。

 食後、皆さんからほっとする食事で満足度が高いと感想をいただきまして、私も嬉しいです。マクロビオティック料理は心にまで働きかけて安心感を得られるので、このストレス社会には必要かもしれませんね。

 

 次回は高きびを炊いてみます。興味のある方、料理教室のご参加お待ちしております。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。  写真は向かって左側が1日目、右側が2日目です。

グルッペ「薬膳食養講座」9回目の様子

 昨日はグルッペで薬膳食養講座の9回目を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は秋の薬膳の内容だったので、皆さんに秋の季節感をイメージしていただきながら講座を進めました。このイメージ力は、中医学や薬膳にとってとても大事なのでそのトレーニングも兼ねています。これを意識できると自然界の環境と身体の関連性が見えてくるため、どのような薬膳を作るとよいのかわかるようになってきます。

 

 さて、次回は10回シリーズの最終回になります。そこで、簡単な薬膳スープも実習する予定です。日時など詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。皆さんのご参加、お待ちしております。

グルッペ「薬膳料理教室、むくみ対策」5月の様子

今日はグルッペで薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回はむくみ対策のためのメニューと講義でした。まずは、薬茶を飲みホッとしてから調理の実習。そば粉のクレープは皆さんうまく焼けてイイ感じです。完全に丸くならなくてOK,野菜を巻くので見えなくなりますしね。緑豆春雨のスープは鶏肉が決め手の味、黒豆と香菜のサラダにはキャベツの千切りも混ぜることで全体のバランスが取れ、アスパラは茹でずにソテーしたので濃い味わい、メロンゼリーはメロンを丸ごと食べているような濃厚な味でした。美味しいとの声多数、私も励みになりました。

 

お教室終了後、私は尿の出がすごく良かったです。利水作用の食材のおかげですね。さて、次回は7月11日(水)で夏の薬膳がテーマです。メニューなどはもう少しお待ちください。

そば粉のクレープ

 

明後日の9日、グルッペ荻窪店でむくみ対策の薬膳料理教室を開催します。

 

そば粉のクレープに味噌ダレをつけて野菜を巻きます。これが野菜のシャキシャキ感とそば粉の風味で美味しいですよ~。他にスープなど5品作り、むくみ対策の薬茶や食後はその内容のプチ講義もあります。

 

まだ、お席に余裕がありますのでご参加お待ちしております。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。グルッペ荻窪店か当ホームページのお問い合わせまでご連絡ください。

グルッペ「やおやの料理教室」4月の様子

 昨日と一昨日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。たくさんの皆さんにご参加いただき、ありがとうございました。

 

 今回は端午の節句のための簡単な祝い膳を実習しました。メニューは黒豆を炊き込んだご飯に生の筍を使った味噌汁、車麩を洋風にして人参ソースをかけ、上新粉をこねて蒸して皮を作り白あんを包んだ柏餅でした。中でも筍の茹で汁を出し汁にしたことは皆さんもビックリ!筍のアクはどこにいってしまったのか??それは、アクを旨みに転換させる陰陽の理で料理すると出来るのです。この方法を考案された桜沢先生とマクロビオティック料理は本当に素晴らしいですね。

 今回も楽しい時間を皆さんと過ごすことができて私は嬉しかったです。心から感謝いたします、ありがとうございました。

 

 次回はイタリアンメニューです。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。料理写真はもう少しお待ちください。

 

 

グルッペ「薬膳食養講座」8回目の様子

 昨日は、グルッペで薬膳食養講座を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 桜も散り始め、春の陽気なのに「夏と長夏の薬膳」の内容でしたから、参加者さんにイメージを膨らませてもらい始めました。先ずは、夏の冷えとむくみのための薬茶を試飲してホッとしてから講座内容に入りました。今回も参加者さんとのコミュニケーションを取りながら不明点などは詳しく説明してすすめたので、皆さんにご満足いただけたようです。

 

 次回は、ゴールデンウィークなので第二日曜日の13日になります。お申し込みの際にご注意ください。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

グルッペ「やおやの料理教室」3月の様子

昨日と一昨日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。また、満席につきキャンセル待ちをいただいた皆様には申し訳ありませんでした。

 

今回は手の込んだ料理が多かったので大忙しでしたが、皆さんがテキパキと動いてくださったのでゆっくりと食事をする時間も取れて良かったです。蕎麦いなりは、油揚げを甘く煮て蕎麦には梅酢でスッキリとさせ味のコントラストを、新玉ねぎのクルミ味噌汁はコクがありなんとも言えない旨みが出て、ヒエは炊くともっちりとして粉などのつなぎを入れなくてもコロッケ型に作りやすく楽ちん。そして、豆腐クリームで作るティラミスは軽く食べられて美味しいと大好評でした。

 

今回は、初参加の方や久しぶりの方がいらしてくださいましたが、いきなり大変な回に巻き込んでしまった感じがしてすみませんでした。これに懲りずにまたご参加くださいね。

 

それから、この料理教室で楽しくホッとできて美味しかったし癒された、との感想を参加者さんからいただき私もとっても嬉しいです。次回は、端午の節句の簡単な祝い膳を作ります。お楽しみに!

 

グルッペ「薬膳食養講座」7回目の様子

 昨日はグルッペで薬膳食養講座を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は、春の薬膳をテーマにして春に起こりやすい身体の症状を五行説を基に解説しました。その症状として、くしゃみや咳、のぼせなどはなぜ春に多いのか、またその対処方法として食事や暮らし方から全般的にみることが春の養生となる、という内容でした。今回は、いつにも増して皆さんとのコミュニケーションが良く、私も大いに学びになりました。ありがとうございました。

 

 次回は夏の薬膳を行います。夏と長夏も含めた内容で、むくみや湿気とりの薬茶も試飲があります。楽しくて気楽なこの講座、初めての方でもお気軽にご参加くださいませ。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

品川食育カフェ「味噌作り」の様子

 25日に日曜日は品川で味噌作り講座を行いました。こちらは、やすら木治療室の横山先生が主催してくださって開催しているお教室です。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 味噌作り講座は、とても楽しくてどの会場でも大変盛り上ります。茹でた大豆をぎゅうぎゅう潰し、麹と合わせまるで粘土細工のようにコネコネし、それをボール大に丸めて容器にえいやっと投げ入れます。日頃のストレス解消にもなるのにできあがる味噌は絶品です!10月頃のできあがりを楽しみに待ちましょう。

 写真は、味噌作りの後に皆さんで作ったおにぎり(フキ味噌まぶし・ツナマヨ)と菜の花のクイック味噌汁です。味噌が美味しいとダシ要らずで味噌をお湯で溶いただけ・・皆さんから美味しいと大好評でした。

 次回は、6月10日に梅漬けを行います。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

 

 

グルッペ「やおやの料理教室」2月の様子

 昨日と一昨日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。寒風の中、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

 

 今回のメニューは野菜の種類が少なかったのですが、ふろふき大根で大根たっぷりに旬のふきのとうで作ったふき味噌を添え、発芽玄米ご飯に根菜を入れ、菜の花のお吸い物と春を感じさせる内容でした。また、雛祭りの祝い膳を意識してお吸い物は豆腐の白・菜の花の緑・桜の花の桃色と菱餅色にし、桜餅もあんこから作りました。桜餅の生地を焼く時は各自真剣に、でもとっても楽しそうで私も嬉しかったですよ。心身ともにほっこりと温まるメニューでした。

 

 さて、来月はちょっと忙しいメニューです。蕎麦いなりにヒエコロッケ、ティラミスと手の込んだ料理になりますが、私の方でいろいろと工夫しますのでお気を楽にご参加くださいませ。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「八百屋のくらし塾」味噌作りの様子

 今日はグルッペで味噌作りを行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は、黒豆と米麹で味噌を仕込みました。黒豆は皮が黒ですが、中は白なのでマッシャーで潰していると全体がグレーになってきます。では、グレーの味噌ができる?と思うかもしれませんが、味噌になる頃には普通の味噌色になりところどころに皮の黒が見えるくらい、見た目は普通の味噌です。ところが、食べてみるとすごくパワフルな味噌ですよ。

 皆さんで豆を潰し、塩切りした麹と混ぜ容器に投げ入れて仕込み完了・・とても楽しい時間でした。その後、黒豆茶と写真の試食(蒸し野菜に味噌ダレ)をしながら味噌について、など皆さんとコミュニケーションを取り充実した会になりました。

 

次回は5月13日(日)に梅干しと簡単らっきょう漬け、生のらっきょうを使ったお料理などの予定ですが、詳しくはもう少しお待ちください。

グルッペ「薬膳料理教室」2月の様子

今日はグルッペで薬膳料理教室を行いました。このクラスの去年までは季節の薬膳の内容でしたが、これからは症状別の薬膳を行っていく予定です。今回、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回は、花粉症をテーマに薬茶と写真のメニューの実習、試食でした。私は、講師として薬膳も理論も少しずつ深めていきたいと思っています。

 

参加された皆さんからもいろいろとお話しがあり、皆さんのコミュニケーションもとれて有意義な料理教室でした。

薬茶を飲んで鼻水が止まった方もいらっしゃいましたよ!

 

次回は5月9日(水)むくみをテーマにした内容で、詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

調布「今を生きる料理教室、味噌作り」の様子

 昨日は、調布のgalleryCafe鈴や商店さんで味噌作りと料理教室を行いました。今回は定員オーバーとなり、午前と午後の2回に分けての開催でした!たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

 

 今回は黒豆で味噌を仕込み、参加者さんも興味津々の中作業をすすめました。ここでは、味噌作りが毎年恒例になっているため手慣れている方も初めての方も一緒にワイワイと楽しい時間を過ごしました。

 写真は、味噌作りの後に作った米粉のほうとうと葛もちの黒蜜がけです。いただくと身体がポカポカになって、皆さん顔色もほんのりピンクに染まり寒い中でもお元気にお帰りになられました。

 食後は、この会の主催者である内田先生(アオアクア治療院i院長)から身体のツボや簡単なマッサージのお話しがあり、実用的な内容でしたよ。

 

 次回は、5月にらっきょう漬けとらっきょうを使った料理教室の予定です。

グルッペ「薬膳食養講座」6回目の様子

今日はグルッペで薬膳食養講座の6回目を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

まずは、薬茶を試飲しますが今回はゆり根入り葛湯にしました。ゆり根の味を感じ取るために塩をひとつまみだけ入れて皆さんに飲んで頂いたのですが、ゆり根の甘さが美味しいとの感想が多かったです。ほっと一息入れてから今回の本題に入り、充実した時間になりました。

 

この講座は、9月から始めて陰陽や五行説をふまえ、身体の臓腑の働きと中医学の基本を学んでまいりました。いよいよ次回からは季節の薬膳の内容になります。次回は春の薬膳で、一年の内で一番注意が必要な季節ですが、実際の季節ともリンクしているためちょうど良いと思われます。皆さんのご参加をお待ちしております。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

グルッペ「やおやの料理教室」1月の様子

昨日と今日は、グルッペでやおやの料理教室を行いました。やおやの料理教室は今年初で、たくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございました。

 

年末からお正月はいつもより食べ過ぎ・飲み過ぎてしまうことも多いはずなので、1月はおなかの調子を整えるお粥にしました。土鍋を使い火にかけておくだけで美味しいお粥ができあがりますよ。蓮根のホックリ食感、ゆり根の甘さなど滋味あふれるお粥でホントに美味しかったです。餅あわのきんちゃくにはよもぎ餅も入れて身体を温め、白菜とメカブの梅酢和えにはワサビのアクセントがいい感じでした。また、節分用に煎り豆も作りましたが後ひく美味しさ、と皆さんに大好評でした!最後に金柑茶を飲んで気の巡りを良くし、身体が整いましたという感じで終われました。

 

来月は、雛まつり用に桜餅を作ります。お楽しみに!詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「薬膳食養講座」5回目の様子

今年の仕事始めは「薬膳食養講座」でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今日、こちらは良く晴れましたが風が冷たかったです。そんな中、会場にいらした参加者さんたちも身体が冷えている様子だったので本日の薬茶「生姜とクルミの黒糖茶」を先に飲んでいただき、身体を温めてから講座を始めました。

今回の内容は「身体の臓腑の働き」で人体を中医学特有の見方と解釈で説明しました。皆さんは、単に話を聞くだけでなく講座の内容を自分自身の体に置き換えて考えてみたりと興味深かったようです。次回も身体と臓腑の続きを行いますのでお楽しみに。

 

また、午後に行う予定だった「プチ薬膳料理教室」は参加者さんが集まらず中止となりました。そこで、このプチ薬膳料理教室はしばらくお休みとさせていただきます。ご了承くださいませ。

1月のプチ薬膳料理教室のお知らせ

 

1月14日のプチ薬膳料理教室で作るシュウマイです。

*上に小梅が乗っていますが、今回は乗せません。ご了承くださいませ。

 

・・が、売られているシュウマイの皮は小さいのが通常サイズ。

たぶん、作りやすいサイズなのでしょう。確かに片手に収まるようになっているので誰でも失敗なく作れますね。もちろん、当日はこのサイズでも作ります。

 

 

けれど、私は大きいシュウマイも食べたいと思いました。しかもヘルシーなものを。

 

そこで、中身は豆腐と海鮮を使い皮を工夫しようと思っています。

まだ、写真はありませんができたらアップしますのでご覧ください。

 

プチ薬膳料理教室では、食後に薬膳のためのお話しも充実しております。皆様のご参加をお待ちしております。

グルッペ「やおやの料理教室」12月の様子

 9日と10日の2日間、グルッペでやおやの料理教室を行いました。たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

 

 今回は精進おせちがテーマなので、植物性のみの食材を使いさらに甘味の甜菜糖もかなり抑えてヘルシーにしました。

写真の右上から時計回りに七福なます、精進玄米雑煮、カボチャで作る伊達巻、栗きんとん、黒豆の五品を皆さんと共にスピーディーに仕上げました。ご存知の通り、おせちはとにかく手のかかる料理なので次から次へと料理した感覚でしたが、皆さんが手早くて私は本当に助かりました。

 皆さんの興味津々おせちは、カボチャで作る伊達巻だったようで作り方に納得、食べて「おぉ、伊達巻だ!」との声が上がり私もやりがいがありました。お雑煮は葛とじしてトロミをつけ、七福なますは煮切りみりんで甘さを付け、栗きんとんには甘味を加えず甘栗を使い、黒豆もふっくらと炊き上がりました。皆さんに喜んでいただき、私もすごく嬉しかったです。

 

 これで、今年の料理教室は全て終了しました。次回のやおやの料理教室は、1月の第二土日となりますのでメニュー共に料理教室のご案内をご覧くださいませ。

グルッペ「冬の薬膳料理」12月の様子

 昨日はグルッペで冬の薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 このクラスは、薬膳の基礎である中医学の講義も食後に行い、薬膳を体感し理解を深めることができる内容となっております。

 今回のメニューは(写真が暗くてすみません)右上から時計回りに五色サラダ・ネギダレがけ、牡蠣と豆腐のスープ、黒米入りご飯、イチジクのワイン煮・リンゴ添え、羊肉の春巻きでした。これに薬茶は「当帰生姜茶」です。まさに身体が温まる冬の薬膳そのものでした。

 お膳は全てのバランスが整い、圧倒的な美味しさ!私自身も内心おどろいていたくらいです。もちろん、皆さんからは絶賛されました。う、うれしかった。

 今年の季節ごとの4回を全て終了しました。各回にご参加された皆様に感謝申し上げます。来年は、季節も意識しつつ各季節に起こりやすい症状も含めた内容にしていく予定です。次回の詳細はもう少しお待ちください。

調布「今を生きる料理教室、冬の薬膳」の様子

 4日の月曜日は調布にあるgalleryCafe鈴や商店さんで薬膳料理教室を行いました。おかげさまで満席となり感謝です。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 ここでは、毎年年末に陶芸の中山先生が創作された器とコラボしています。今回はビアカップで、ビールや炭酸を注ぐときめ細かな泡が立ちとっても美味しかったです。中山先生、今年もありがとうございました。

 そして、薬膳料理のメインは手作り皮なしソーセージ!皆さんでおしゃべりしながら楽しく作り、味も大好評でした。あとは雑穀ご飯に白キクラゲのスープ、ザワークラウト、マッシュポテト、炊飯器で作るスポンジケーキにトーフクリーム添え、と盛りだくさん。さらに、食後は、主催者の内田先生(アオアクア治療院院長)から冬の身体のケアのお話しがあり、なんて贅沢な会なのでしょう!と改めて思います。

 参加された皆様、鈴や商店さん、中山先生、内田先生今年もありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 さて、私の携帯が故障してしまい今回は写真がありません。鈴や商店さんのサイトにリンクしていますので、写真をご覧になりたい方は店名をクリックしてみてください。

グルッペ「薬膳食養講座」4回目の様子

 今日はグルッペで薬膳食養講座の4回目を行いました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 今日の講座内容は「五行説」慣れないとわかりにくいのですが、参加された皆さんの学ぶ姿勢に私も刺激を受けました。講師からの一方的な講義ではなく、随時質問を受けながら講座を進めていますので活気があって楽しい雰囲気です。大人の学びは楽しく学ぶのがいいですね。

 次回は、年明けなので第二日曜日の14日に変更になります。中医学からみる身体の臓腑の内容で、心も体も連携していてさらに自然界とのつながりも理解できますよ。皆さまのご参加をお待ちしております。

 

グルッペ「やおやの料理教室」11月の様子

 昨日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。ありがたいことに満席となり、お断りさせていただいた方々には心よりお詫び申し上げます。またの機会にご参加くださるようお待ちしております。

 

 今回は餃子を皮から作る!ということでやはり皆さんの関心は餃子の皮のようでした。強力粉の方はこねてから寝かせて30分ほどで皮作りをしましたが、割りと伸ばしやすい生地で大成功でした。餃子の皮に初トライの参加者さんは、最初厚さや形などでご苦労されてましたが、何枚か作るうちにきれいにできるようになって良かったです。

 スープの方は米粉で作り、強力粉との手触りの違いに納得の様子でした。モチモチの米粉餃子はスープにピッタリでとっても美味しかったですね。

 皆さんでワイワイと楽しく料理を作り、美味しくいただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。さて、来月は精進おせちを作ります。植物性だけで作り、甘味は黒豆に甜菜糖を使うだけの素材の味を活かしたおせちです。どこにも売っていない、お手製のおせちは覚えておくと重宝しますよ。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

「薬膳食養講座」11月の様子

 昨日は、グルッペで薬膳食養講座の3回目を行いました。寒い中ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

講座の内容は「陰陽説」でしたが、参加者さんからの視点の違った鋭い質問に私自身とっても勉強になりました。参加者さんとコミュニケーションしながら講座を進めることは、双方にとって良いスタイルだと私は改めて実感しました。さて、次回までにこの宿題の回答を見つけねば、と私はワクワクしています。皆さん、お楽しみに!

 

 次回は12月3日(日)で「五行説」の内容になります。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

また、この日の午後に予定していたプチ薬膳料理教室は参加人数が集まらず中止になりました。12月3日は開催予定ですので皆様のご参加をお待ちしております。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

グループレッスン「季節の薬膳料理」11月の様子

 

 昨日は、グループレッスンの薬膳料理教室を行いました。キャリアウーマンや子育て真っ最中の女性グループです。

 

 皆さんは、料理がとても上手で昨日などはガレットを私よりきれいに焼き上げたほどです。作ったメニューは、他に野菜たっぷりのペイザンヌスープ、写真にはありませんがザワークラウトと柿のマリネとプルーンのレモン煮です。

 「ガレットを家で作れるなんて~」とワイワイ楽しく作業し、全て美味しいと大好評でした。

 

 季節の薬膳料理ということで各季節を実習し、このグループは一旦終了しました。キレイ女子のみなさん、講師として私を呼んでくださりありがとうございました。これからの皆さんのご活躍をお祈りしております。

品川食育カフェ「味噌料理」10月の様子

 昨日は、食育カフェで味噌を使った料理教室を行いました。この味噌は今年の2月の味噌作り教室で手作りしたものですが、出来上がるのを皆さんと共に楽しみにしていました。いざ、開けてみると、最高に美味しい味噌が出来上がっていて(しかもカビなし)大満足!

 早速、この味噌を使って野菜の肉巻きの中に味噌を少し入れ、味噌ダレを肉巻きにかけました。人参とさつま芋といんげんを芯にしてボリューム満点、生姜の炊き込みご飯を添えていただきました。さらに、お芋とりんごのみつ豆には、梨・柿・甘栗も入れて秋の味覚を堪能しましたよ。

 お料理を作って食べて、参加者の皆さんと幸せな時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

 

 食育カフェさんでの今年の予定は全て終了しました。また、来年もどうぞよろしくお願いいたします。改めて、参加してくださった皆様とこの会の主催者である横山先生(やすら木治療室)に心より感謝申し上げます。

 

0 コメント

善林庵「季節のマクロビオティック料理」10月の様子

 昨日は台風が近づく中、いわきの善林庵さんで料理教室を行いました。東京よりはまだ風雨が強くなく、参加者さんがお帰りになる頃も雨足が強くなかったのでホッとしました。それでも、遠くからご参加された方々もいらして本当に感謝です。参加された皆様、ありがとうございました。

 

 今回は滋養あふれるメニューです。

高麗人参のお吸い物、蓮根と銀杏の炊き込みご飯、煮しめ、カブと菊花の酢の物、柿のマリネの5品を作りました。

 善林庵さんでは、会津で栽培されている高麗人参(オタネニンジン)が売られていて品質がとても良いので、皆さんに紹介がてらお吸い物に使わせていただきました。高麗人参は補益する力が非常に強いため少量を使いましたが、お吸い物を飲んですぐに身体が温かくなってきた、との感想が。そしてお帰りになる頃には、皆さんの顔色が良くなりリラックスした感じになり効果があった、と私は実感しました。それから、柿のマリネは皆さんから美味しいと大好評!こういう食べ方もあるのか、と驚きだったようです。さらに、柿のマリネに使ったバルサミコ酢(白)が絶品でした。さすが、善林庵さんの商品は全て品質が良く、私は料理のし甲斐があります。

 実は、ご飯に蓮根でなくゆり根を入れる予定でしたが、私が忘れてしまい急遽蓮根にしました。皆さん、ごめんなさい。それにしても・・この私の忘れんぼ病はホントに困る、って自分のことなのに。すごく反省した日でもありました。

 

 善林庵さんの今年の予定は全て終了しました。ありがとうございました。また、来年も料理教室をさせていただくことになりましたのでよろしくお願いします。

0 コメント

グルッペ「やおやの料理教室」10月の様子

 昨日と今日の2日間でやおやの料理教室を行いました。雨降りの中、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。急に気温が下がりましたが、身体を温めるメニューだったのでちょうど良かったです。

 

 今回は、蓮根を使ったお惣菜をテーマにしてひじき蓮根を作りました。これは、マクロビオティック料理の基本食で作り方にいくつかポイントがあり、初めて参加された方はとても興味深かったようです。醤油だけの味付けなのに・・の美味しさに驚きでしたね。

 そして、胡麻豆腐とデコレーションケーキ!皆さんの期待値大のメニューです。胡麻豆腐は練り上げることで口当たり滑らかに仕上がり大成功。デコレーションケーキは、植物性のみの材料でスポンジ生地から焼き、クリームはベースが豆腐というヘルシーなケーキです。さまざまに工夫してこのようなケーキを食べられるなんて・・マクロビオティック料理を開発されたリマ先生、他諸先生方に感謝です。

 

 5品をしっかり作ったのでちょっと時間を押してしまいましたが、皆さんご満足されたようで本当に良かったです。初参加の方もリピートしてくださり、私はとても嬉しいです。さて、次回は皮から作るベジ餃子ですよ、お楽しみに!詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

0 コメント

「薬膳食養講座」「プチ薬膳料理教室」10月の様子

 

 昨日は、グルッペで午前中に薬膳食養講座を午後にプチ薬膳料理教室を行いました。それぞれにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 講座では「易」をテーマにしましたが、易はあまりにも深過ぎるので薬膳・中医学などに関連するほんのさわりだけを説明しました。なぜ、私がわざわざ易を取り上げるかといと、中医学を学ぶ際に先ず大きな視点から全体像を把握してから陰陽や五行などを見て行く方がわかりやすいと感じているからです。

そう、なんとなく全体像をイメージできることが大事なのです。皆さんからもなるほど!とか先人はすごいね!などの感想をいただきました。

 季節の薬茶は「棗入り紅茶」でこの時期にも、また皆さんの体調にもピッタリのお茶でした。皆さんでほっこりしてから講座をはじめることができたので良かったです。

 

 プチ薬膳料理教室では、薬茶と薬膳料理を2品を作りました。写真の右下が季節の薬茶の杏仁豆乳茶、となりが飛龍頭、その上はおまけの枝豆(飛龍頭の中に入れたもの)と私が持参した味噌まんじゅう、そのとなりはカブと菊とリンゴのスダチ和えです。どれも美味しくできましたが、参加者さんから澄んだ味のお料理との感想をいただき、私はとっても嬉しかったです。それは、それぞれの素材の味が活きているということ、そして食することによって身体により効果的に働くと私は信じているからです。これを励みにまた料理道を精進してまいります。

 

 次回の講座は「陰陽」を薬膳料理教室は「黒豆入り玄米ご飯・根菜のクルミ味噌汁」を作り、薬茶は「シナモン入り枸杞茶」です。詳しくは薬膳講座のご案内薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

0 コメント

グルッペ「やおやの料理教室」2回目めの様子

 9月のやおやの料理教室の2回目は17日(日)の予定でしたが、台風接近のため本日(23日)に振り替えました。急な変更により半数の方がご参加できなくなったこと残念でした。本日ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回のメニューの中で、皆さんの注目を集めたのはやはり車麩フライでした。衣はカリリ、中はフニョっと柔らかく海苔を巻いたので磯の香りも加わってまるで牡蠣フライ!と何度も言ってますが・・ホントにその食感なのですよ。今日もすごく美味しくできて皆さんにご満足いただけました。

 今日はお子さんも参加され、モリモリ食べていました。なので大成功です。なぜなら子どもの味覚は優れているからね。

 

 来月は、テーマが蓮根でメインは胡麻豆腐です。自分で作る胡麻豆腐は間違いなく絶品です。作り方のコツと作りやすい分量をお伝えします!楽しみにいらしてください。

0 コメント

グルッペ「秋の薬膳料理教室」9月の様子

 今日は、グルッペで年に4回開催する薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 秋の薬膳料理メニューですが、今回は特に料亭のようなご馳走でした。写真の右上は三年番茶で、時計回りにゆり根と銀杏の茶わん蒸し、カブと白キクラゲの味噌汁、胚芽ご飯、梨と豆乳のゼリー、そして真ん中は蓮根のはさみ揚げ・ブロッコリーパプリカの付け合わせです。

 茶わん蒸しはやっと固まるくらいのフルフルにして、去年の冬に干しておいたゆり根を使っています。出し汁を昆布と干し椎茸にしたので卵の味も活かされとっても優しい味わい。デザートは豆乳に梨をすりおろして加え、こちらもフルフル食感!私は事前にこの2品を何度も試作し結果的に最高の完成度で、ホッとしました。皆さんにも大好評で私もとても嬉しかったです

 

 料理教室に参加してくださる方は、癒しと学びになるとおっしゃいます。皆さんで作った料理が疲れた身体に染みるのでしょう。私が料理教室を行う際には、いつも「天と地とつながる」ことをイメージしているので、そのような思いも癒しになっているのかもしれません。いずれにしても皆さんのお役に立てていることが私の喜びです。

 次回は、12月6日水曜日に冬の薬膳料理です。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

 

 

0 コメント

グルッペ「やおやの料理教室」9月の様子

 

 昨日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。今月はグルッペ荻窪店が40周年記念のため、通常第三土曜日に行う分を第二日曜日に変更しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回の常備菜テーマは「さつま芋」で、さつま芋のゴマクリーム煮を実習しましたが、時短で簡単と好評でした。そして、メインは車麩のフライ、車麩を煮たのでプルンとした食感が牡蠣フライみたいな食感でした。雑穀入りのご飯もカブとアオサの味噌汁とも合ってとっても美味しかったですよ。

 

 17日の日曜日の方は、おかげさまで満席になりました。ご参加されたかった皆様、申し訳ありませんでした。

0 コメント

グルッペ「八百屋のくらし塾」塩麹作りの様子

 

 

 

昨日の8日はグルッペで八百屋のくらし塾を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

このお教室では日本の伝統食を実習していますが、今回は麹をテーマにいろいろお伝えしました。皆さんと共に実習したのは「塩麹と醤油麹」です。

塩麹は商品化もされていてお手軽に使えますが、さらに自分で作るとまろやかな塩麹になってとても美味しいものです。麹を手でスリスリして塩と水を加えビンに入れますが、水加減は写真の感じです。水は少なくても多すぎても良くないので、参加された皆さん、この加減を目安にしてください。*講座の時間内にこの状態にできなかったため、写真をアップしました。

醬油麴は、割り醤油を温めて麹に混ぜるだけです。両方とも室温で発酵させてから冷蔵庫で保存します。

 

それと、塩麹・醬油麴・酢麹を使った和え物やサラダを試食して頂きました。今年のくらし塾はおしまいで、また来年恒例の味噌作りや梅干し作りなどを予定しております。年末あたりに予定をお知らせしますのでお待ちくださいませ。

続きを読む 0 コメント

グルッペ「プチ薬膳料理教室」9月の様子

 昨日はグルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。1ヶ月開けての再開だったので準備時間もかかりましたが、作業をしているうちにいつもの感じになり改めて気持ちも引き締まりました。

 

 テーマを長夏の薬膳にしたため利水効果のあるトウモロコシを使い、ヒゲ根は煎じて薬茶に実は芯ごとご飯に炊き込み、さらに多めに用意したトウモロコシでお焼きを作りました。もう一品は、蓮の実と里芋のスープで貝柱のダシを使い、塩と醤油の上品な味わいに仕上げました。皆さんと共にゆっくりと味わい、身体に染みてくるような感覚に心もホッとして気持ちが良かったです。

 食後に長夏の薬膳を五行説を用いて説明し、料理に使った食材の内容の確認もしました。とても充実したお教室となり、皆さんもご満足いただけたようです。

 

 次回は、10月8日の第二日曜日になりますのでお間違えのないようにお申し込みくださいませ。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

0 コメント

調布「今を生きる料理教室、長夏の薬膳」の様子

 

 

 昨日は調布にあるステキなカフェ、galleryCafe鈴や商店さんで長夏の薬膳料理教室を行ってきました。主催はao akua治療院を経営されている治療師の内田先生です。

おかげさまで満席となり、楽しい料理教室となりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は、薬膳ピクルスを各自作ってお持ち帰りしていただきました。写真をご覧ください!キレイですね。タグは鈴や商店の店主、鈴木さんの手作りによるものです。工夫次第でそんなにお金をかけずにこんなにステキなピクルスができました。

 作っている最中は、皆さんでおしゃべりしながらの楽しい作業です。それぞれに個性が光り、できあがりを見て私も嬉しくなりました。

 

 他の薬膳料理は、ガレット、フレッシュサラダ・五味子酢ドレッシング和え、焼きパイナップルのバニラアイス添えを作りました。さらに、季節の薬茶は五味子茶にして身体をキュッと締め、汗のかき過ぎを防いで秋の身体作りをしました。

 

 他にも写真がありますので、興味のある方はクリックしてご覧くださいませ。

続きを読む 0 コメント

グループレッスン「季節の薬膳料理」8月の様子

 

昨日はキレイ女子の皆さんのグループで夏の薬膳料理教室を行いました。このグループは気の置けない友達ばかりなので、皆さんとっても楽しそう!ワイワイとお料理してモリモリいただきました。

 

 

生春巻きやバインセオなど、ベトナム料理を作りましたが、皆さんの手作業がとても丁寧なので、完成した料理もとても美味しかったです。

 

メニューは、ほぼ夏野菜と果物なので消化も良く体の暑熱も取り去ってくれる、まさに夏の薬膳料理で皆さんにもご満足いただけたようで私も嬉しかったです。

 

皆さん、楽しい料理教室でしたね、ありがとうございました。

続きを読む 0 コメント

グルッペ「やおやの料理教室」7月の様子

昨日と一昨日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございます。

 

夏の定番料理のひとつであり、野菜の水分だけで煮込むラタトゥイユにクスクスを添えました。クスクスは召し上がったことがない方もいらしたので、その作り方の簡単さと美味しさに満足いただけました。そして、今回の常備菜テーマ「ピーマン」ですが、ラタトゥイユに合わせてバルサミコ酢で仕上げた味が絶品と大好評でした。特にピーマンが苦手な方に喜ばれて良かったです。バジルソースはクルミを使ってコクを出し、デザートのスイカパンチで全体の味と陰陽のバランスを取りました。二日間とも楽しく充実した時間を過ごせて参加者の皆さんに感謝です。

 

さて、8月はお休みします。この酷暑にバテないように・・皆さま、どうぞご自愛くださいませ。

9月は第三土曜日がグルッペの40周年記念祭になりますので、第二日曜日に変更になります。詳しくは料理教室のご案内

をご覧ください。

0 コメント

グルッペ「プチ薬膳料理教室」7月の様子

昨日はグルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

夏の薬膳でメニューは、冷や汁とゴーヤチャンプルー、キュウリの納豆昆布和えを作り、薬茶は荷葉茶を試飲しました。

ゴーヤの苦味は夏の身体を助けてくれますが、苦手な方も多いのでゴーヤを塩もみし、苦味を緩和させました。本来はゴーヤと卵で作りますが、野菜だけにしたので全体的に優しい味になり、身体も整った感じがしました。参加された皆さんも元気になってお帰りになりましたよ。

 

8月はお休みしますが、9月からこのクラスは再開いたします。

作って食べて五行説などのプチ講義もありますので、皆さんのご参加をお待ちしております。

0 コメント

グルッペ「やおやの料理教室」6月の様子

 17日と18日の両日でやおやの料理教室を行いました。今回は両日共満席により、お断りした方には申し訳ありませんでした。不安定なお天気の中、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 夏野菜を目一杯使ったメニューなので、身体の熱を冷ますにはピッタリの夏メニューでした。カレーは特別な調味料は使わず、ご家庭にあるものとカレー粉、少々の薄力粉、さらに野菜をミキサーにかけたとろみで仕上げました。皆さんに大好評で早速帰ったら作りたい、とのご感想もいただき私も嬉しかったです。サラダに使ったキヌアの炊き方やヒヨコ豆の煮崩れしない煮方なども、皆さんの参考になったようで良かったです。

 このやおやの料理教室で私は、マクロビオティックを基本にし、料理法はもとより思想も意識しながら行っています。そのためか、参加された皆さんそれぞれに身体の変化や心の在りようなど気付きが少なからずあるようです。これこそが、私が参加者さんにお伝えしたいことなので、それが達成できてとっても嬉しく思います。また、美味しい・気付きがあるだけでなく、皆さんとワイワイ楽しく料理できることも良いのかもしれませんね。

 

 次回は夏の定番にしたいラタトゥイユを作ります。お早めにお申し込みお待ちしております。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

 

続きを読む 0 コメント

グルッペ「八百屋のくらし塾」梅漬けの様子

昨日はグルッペで梅漬け講習を行いました。日本の素晴らしい伝統食を実習、体感していただくことが目的です。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

現代の生活様式に合わせ、梅をジプロックに入れ塩も入れて冷蔵庫で漬ける方法です。これだとカビの心配もなく少ない量で漬けられますよ。写真は仕込んだばかりなので塩が見えてますが、3~5日経つと梅からエキスが出てきて白梅酢になります。

 

他、梅ジュースや梅酒の説明をし、グルッペの旬野菜に梅干しドレッシングをかけての試食もありました。

 

次回は9月8日に麹の使い方いろいろの内容です。

0 コメント

グルッペ「夏の薬膳料理教室」6月の様子

 

今日はグルッペで夏の薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

メニューは、そうめん海苔巻き、トマトと卵のスープ、豆腐ととナスの五味子酢ダレがけ、キュウリのウコン水漬け、焼きパイナップルです。そうめんで作る海苔巻きは初めて巻く方も多かったのですが、皆さんきれいに巻けていましたよ!五味子酢ダレが大好評、パイナップルも焼くと食べた時のとげっぽい感じがなくなり甘さも際立って美味しかったです。

しっかり食べて夏を乗り切りましょう!

 

次回は9月に秋の薬膳料理の予定です。日にちが決まり次第アップしますので、もう少しお待ちください。

 

0 コメント

グルッペ「プチ薬膳料理教室」6月の様子

 引き続き、4日の午後はプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

もうすぐで梅雨に入るため、今回は長夏の薬膳の内容でメニューとお話をさせていただきました。実習した汁なし担々麵は、辛さを控え入手しやすい調味料だけを使っていますし、簡単にできてとっても美味しく皆さん満足されていました。ハト麦とアオサのスープも担々麵によく合ってベストマッチ!これで、利水し身体の余分な水分を排出してむくみを解消しましょう。

 

 プチ薬膳料理教室も講座に合わせて10回にしていましたが、来月の第一日曜日も開催する予定にしました。夏の薬膳料理の内容になります。メニューは近日中にお知らせしますので、薬膳料理教室のご案内をチェックしてみてください。

続きを読む 0 コメント

グルッペ「薬膳食養講座」最終回の様子

 昨日はグルッペ「薬膳食養講座」が10回目の最終回でした。トータルでご参加の方々や途中参加の方々、皆さまありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 

 薬膳の基本となる中医学はひと通り習ってもよくわからないことも多いのですが、めげずに繰り返すことで少しずつ身についてくるものです。薬膳を通して自分自身を知り、人とは違って当たり前ということを意識してみると大事なことが見えてくると思います。参加された皆さまには、少しずつでも薬膳を日々の暮らしに取り入れてみていただきたいですね。

 また、季節の薬膳料理教室も年4回開催しています。今後、そちらもご利用いただけると陰陽や五行のおさらいになり、薬膳料理も作れますのでおすすめのお教室です。よろしければ皆様のご参加をお待ちしております。

 

 この薬膳食養講座は9月から10回シリーズで再開いたしますので、ご興味のある方は薬膳講座のご案内をご覧ください。詳細はもうしばらくお待ちください。

続きを読む 0 コメント

調布「今を生きる料理教室、梅作り」5月の様子

29日の月曜日は、調布の女性鍼灸師さんが主催する梅作りをステキなgalleryCafe鈴や商店さんで行ってきました。鈴や商店さんのサイトも合わせてご覧になってみてください。

 

毎年梅作りをしていますが、今年はハチミツ小梅漬けと減塩梅干しを作ってお持ち帰りしていただき、さらにそら豆の混ぜご飯、クレソンのかき玉汁、小梅シュウマイ・ウズラシュウマイも実習しました。さらにさらに鍼灸師の内田先生からこの時期の身体のケアの仕方・・とモリモリの内容でした。

皆さんにご満足いただけたようで私たちもとっても嬉しいです。

 

次回は8月に薬膳ピクルスとガレットの予定です。

 

0 コメント

品川食育カフェ「梅干し作り」5月の様子

 

28日の日曜日は、女性鍼灸師さんが主催する料理教室に呼ばれて梅干し講習を行ってきました。

 

親子で参加される方が多く、お子さんのパワーで会場の雰囲気がとても良いのです。子どもは大人に大事なことをたくさん教えてくださいます。そして、大人はそれらを受け止め交流してお互いに学びあうのだな、と私は感じています。

 

今回は、小梅をハチミツで漬けました。

ハチミツ漬けと言ってもそんなに甘くなく、ほんわり優しい甘さで食べやすいのですよ。皆さんで梅のなりくちを楊枝で取り、ジプロックに入れて調味料やにがりを入れて袋をシャカシャカ。楽しく作業ができました。

 

さらに、人参の蒸し煮とキュウリをクレープに巻いて軽食に、梅ゼリーは残念ながら時間が足りなくて固まりきらず、飲むゼリーになってしまいまして、みなさんに申し訳なかったです。

しかし、帰り際にゼリーが美味しかったから帰ってから作りたい、と言ってくれたお子さんがいて・・・私は救われました。本当にありがとうございました。参加者の皆さんに感謝申し上げます。

 

次回は、10月29日に今年作った味噌開けと味噌料理など作ります。お楽しみに!

 

0 コメント

グルッペ「やおやの料理教室」5月の様子

 20日と21日は、グルッペでやおやの料理教室を行いました。両日共に急に暑くなった中、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

 今回のテーマは玉ねぎで味噌をつけてグリルで焼くだけの簡単料理を実習し、常備菜の玉ねぎ味噌の作り方を紹介しました。それから、ホシノ天然酵母で作るパンをフライパンとオーブンの2パターンで焼いて食べ比べてみたのですが、フライパンの方は焼く時間が短く素朴な感じで皮はパリパリ(少しの焦げも最高)中はモチモチ、一方のオーブン焼きは繊細な食感になりました。もちろん、こちらも皮はパリッと中はモチッとして美味しかったです。豆腐ドレッシングもマヨネーズの代わりになってヘルシーと好評でしたよ。新じゃがのポタージュは、乳製品を使わないので新じゃがのクリーミーさと味がよくわかって身体に染みるようでした。

 次回はテーマがピクルスで、カレーやキヌア入りサラダを作ります。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

0 コメント

「漢方講座」5月の様子

 19日の金曜日は、荻窪で漢方講座を行いました。ご参加いただいた皆様、講師の畑先生ありがとうございました。

今月から婦人科系のシリーズが始まり、5回の予定で行います。東洋医学では、始めから男性と女性の違いを明確にして診断にあたっていました。それに関して先生は、女性の病の特徴として月経・妊娠・出産などに関連する血の問題を五行説を交えてわかりやすく解説してくださいました。とにかく、なるほどと納得できることばかりで面白いです。

 また、食に関するお話しも参考になることばかり。たとえば、なぜ生理前になると食欲がわくのか?など、そうなる理由にも合点がいき、盛りだくさんな内容でした。是非、皆さんに聞いていただきたい講座です。

 

 来月は6月24日の土曜日に開催予定なので、お仕事などで土日しか参加できない方々にも朗報です。詳しくは漢方講座のご案内をご覧ください。心よりお待ちしております。

0 コメント

善林庵「季節のマクロビオティック料理」5月の様子

 昨日はいわきの善林庵さんでマクロビオティック料理教室を行いました。たくさんの方にご参加いただき、心より感謝申し上げます。

 

 立夏を過ぎたとは言え、いわきはまだまだ吹く風が冷たい日でしたから、春のメニューにしておいて良かったです。今回の目玉は、筍を昆布と煮てアクを旨みに転換させたことです。筍の茹で汁をだし汁に使えるなんて、と皆さん驚いていらっしゃいました。その出し汁を使ったお吸い物は絶品!と大好評でしたよ。他のメニューは、柑橘酢のちらし寿司、筍とワカメの辛子酢味噌、春キャベツと新たまねぎの三五八ドレッシングでした。私は、皆さんと食事をしながら幸福感を共有できて本当に嬉しかったです。

 

 お話しは、昔から日本に伝承されてきた事柄を陰陽五行で説明しました。これも面白いと好評だったので、次回の10月も続きをお話しします。お楽しみに!

0 コメント

グルッペ「プチ薬膳料理教室」5月の様子

 7日の午後はプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

今回は五味子を使った酢でドレッシングを作りました。五味子は文字通り五つの味を備え持ったミラクルな生薬で、内臓の働き全体を活性化してくれます。やはり、お腹の中は消化吸収も含め全体の働きを良くしておくことが健康保持の秘訣ですね。

 メニューは、他によもぎ白玉団子の塩ぜんざいを作りました。小豆を煮て塩のみで味付けし、団子によもぎを混ぜることでこの時期にふさわしい一品です。あんこは甘いものという固定概念を取っ払い、塩味なので食事にできるし美味しいしで皆さんにも好評でした。薬茶は「決明子茶」です。食後は五行説もふまえた季節の薬膳を説明させていただきました。

 この教室も来月までの予定になっていて9月から開催しますが、皆さんのご要望があれば7月も行います。その際は、またお知らせいたします。来月は汁なし担々麺とスープを作ります、詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

0 コメント

グルッペ「薬膳食養講座」9回目の様子

 5月7日は薬膳食養講座の秋の薬膳を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

この日は蒸し暑かったので、参加者さんには秋の乾燥をイメージしていただき講座をすすめました。秋の特徴や養生法などを五行説をふまえて説明し、皆さんの理解度も深まったと思われます。

 薬茶は「無花果蜂蜜茶」で秋の乾燥に効果的なお茶です。甘いお茶なのでリラックス効果もあり、この会の参加者さんにとても良かったようです。講座後の軽食は旬のそら豆を使った「そら豆ご飯」とっても美味しかったです。

 いよいよ来月は最終回となり、簡単な冬のスープを実習します。暑い時期に冬メニュー?ですが、使う食材は梅雨の湿気取りに良いものを使いますのでご安心ください。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

 

0 コメント

「漢方講座」4月の様子

 昨日は先月から開設した「漢方講座」を荻窪で行いました。ご参加いただいた皆様、講師の畑先生ありがとうございました。

 前半は、症状を診るための弁証方法の基礎を教えていただきました。特に八綱弁証は中医学においてよく使われるので、丁寧な説明でした、が、やはり一度聞いただけではよくわからないのがあたりまえ。畑先生は「基礎の学びには終わりがない、常に基礎を念頭におくこと」とおっしゃいます。なので、毎回必ず基礎も盛り込んで講義していただきますのでご安心ください。知識と経験の繰り返しと積み重ねが大事なのですね。

 また、後半の漢方薬では2種類の漢方薬を教えていただきましたが、それらの漢方薬の内容はもとより先生の臨床経験などのお話しもとても面白く興味深いものでした。その症状があってもすぐに漢方薬が手に入らない時は、何を食べたらよいのか!などすぐに使えるお助け内容が満載です。さらに、今回の薬茶は漢方薬の生薬からいくつかピックアップして煎じ、皆さんに試飲していただいたので多少なりとも漢方薬が体感できたのではないかと思います。

 次回の内容は婦人科系(美容も含む)の予定ですが、詳しくは改めて漢方講座のご案内にお知らせしますのでもう少しお待ちください。

0 コメント

グルッペ「やおやの料理教室」4月の様子

 15・16日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

今回のテーマはかんぴょうでした。煮しめて海苔巻きの具にしたりアスパラに巻いたり揚げてスナックにしたりと実習し、さらに他の料理法も紹介しました。アスパラにかんぴょう煮を巻いて揚げ焼きすると、まるで肉巻きのような食感になりごま油で揚げてあるので香ばしく大満足の味わいで、大好評でしたよ。

 乾物の良さは買い置きしておけること、思い立ってすぐに料理できること、下煮しておくといろいろな料理にアレンジできて重宝することです。乾物の戻し方煮方などもそんなに大変ではありません、もっと乾物を活用しましょう!

 

 海苔巻きは、誰でも簡単に巻ける方法で皆さんきれいに巻けていました。お吸い物のダシは筍の茹で汁を使う画期的な方法で、具はタラの芽を使ったのでお椀が春そのものの味わいでした。イチゴのトーフチーズケーキは寒天を使ってレアタイプにすると、イチゴの風味が生きてとっても美味しかったです。

 さて、次回は天然酵母パンをふんわりと焼き上げます。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。皆さん、お待ちしております。

0 コメント

グルッペ「プチ薬膳料理教室」4月の様子

 昨日の午後は薬膳料理教室を行いました。参加者の皆さんと楽しく料理し、春の薬膳のお話しは五行でしっかりと学びました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 今回は生の筍を茹でて使い、その茹で汁でお吸い物まで作りました。ビックリでしょう!これは、4月15・16日のやおやの料理教室でも行いますので、興味のある方は是非、ご参加くださいませ。

 このクラスは、簡単薬膳料理と共に講義もしっかり行いますので、プチとは言えお得感のある内容となっています。次回は五味子酢のドレッシングが必見ですよ~。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。皆様のご参加お待ちしております。

0 コメント

グルッペ「薬膳食養講座」8回目の様子

 昨日はグルッペで薬膳食養講座を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

今回の内容は、夏と長夏の薬膳だったので皆さんに夏の暑さと長夏の蒸し暑さをイメージしていただきました。特に私が心がけていることは、皆さんとのコミュニケーションです。講師からの一方的な説明だけでなく、参加者さんも積極的にお話しくださるのでリラックスした雰囲気がイイ感じですよ。今後は、秋と冬の2回で終了ですね、もう少しがんばりましょう。

 今回の薬茶は「蘇葉生姜」で軽食は「桜エビのお粥」に。春は脾胃をいたわりたいもの、そこお腹に優しいお粥にしました。

0 コメント

グループレッスン「季節の薬膳料理教室」3月の様子

 昨日は、キレイ女子の皆さんのグループレッスンでした。年齢的にパワフルに動ける時なので、会社でバリバリ仕事や子育て真っ最中のご様子ですが、無理がたたると体調を崩してしまいますね。

 そこで、胃腸を調え、さらに春なので肝の働きを調整しデトックス効果もあるメニューにしました。出来上がったお料理は、優しい味わいになり皆さんの癒しにもなったようです。

 

 メニューは、煎り大豆を炊き込んだご飯、シジミのスープ、鮭のムニエルに金柑ソースをかけて、菜花のウコン漬け、イチゴのムースの5品です。ご馳走ですね!そう、この字の通り食材を揃えるためにあちこち走り回ります・・・と言うと参加者の皆さんは、私に対して申し訳ないと思うかもしれませんね。でもね、私はそれをすごく楽しんでやっているのです。皆さんの喜ぶ顔を想像しながらあれこれと食材を選ぶのは、私の至福の時なのですよ。次回も楽しみにしています。

0 コメント

新開設「漢方講座」の様子

 昨日は荻窪で漢方講座を開催しました。新しい講座で漢方に詳しい薬剤師の先生をお招きして講義していただきました。

 

 参加された皆さんは、漢方薬の知識をご自身のあるいはご家族のために役立てたいとの思いでいらした方が多く、皆さん真剣に聴講されていました。先生もそれに応えるべく熱心に講義してくださいました。講座の前半は漢方の歴史など全体像を、後半は春のイライラに対応する漢方薬の説明をお話しくださいました。先生はなるべくわかりやすくお話しくださいましたが、漢方薬は初めてなので内容が高度に感じたという感想もあったのは事実です。それは無理もありませんね。漢方を見立てる場合、大枠を捉えながらも細かく見ることが求められるため、初めてでは戸惑うと思います。それでも、もっと学びたいという皆さんのご希望に沿えるよう今後の内容をさらに精査してまいりますので、次回にご期待ください。日程、内容など決まり次第お知らせいたします。

 

 最後になりましたが、ご参加いただいた皆様、講師を引き受けてくださった畑先生に主催者として心より感謝申し上げます。

 

0 コメント

グルッペ「やおやの料理教室」3月の様子

 昨日と今日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。今日は、親子で参加された方がいらして・・会に子どもがいると全体が元気になるし、参加者さんどうしでかわるがわる赤ちゃんや子どもの世話をして、それはもうにぎやかな料理教室になりました。昔は、隣近所やまわりの大人みんなで子どもたちのお世話をしてましたよね。私は、こういうのいいなって思います。そして、参加者さんのご理解に心より感謝申し上げます。

 今回のテーマは、昆布やアラメの佃煮(ノンシュガー)で美味しくできましたが、もっと喜ばれたのは豆腐のから揚げ酢豚風です。酢豚はなかなか家では作らないから久しぶりに食べられて嬉しい!と皆さんの声に私も嬉しくなりました。それに、チンゲン菜と麦のスープもとことん優しい味に仕上がりました。スープの塩加減は参加者さんにお任せし、皆さんで味見して決めたので皆さんが優しい心の持ち主なのですよね。

 次回はかんぴょうがテーマで、マクロビオティックのお話しはお手当を紹介します。お楽しみに!

0 コメント

グルッペ「プチ薬膳料理教室」3月の様子

 昨日の午後は、プチ薬膳料理教室でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。

 

 薬茶は金柑茶で、飲む前から金柑の香りが鼻を通り全身がスーッとする感じが気持ちいいお茶です。この時期にピッタリですね。

 ちらし寿司の酢飯には柑橘酢を合わせたので、ご飯に混ぜる時から柑橘のフルーティーな香り全開、食べても具とのバランスがよく美味しいです。写真ではわからないけれど、レモンの皮やパセリ!?をみじん切りにして混ぜてます。柑橘酢なのでよく合いますよ。菜の花はウコン漬けに、ウコンは割と少ない分量で味を主張するので少なめに使うのがコツです。参加者さんから美味しいと評判で、私もスタッフともに嬉しかったです。

 

 次回は、マグロの香り漬け丼と筍とワカメの酢味噌あえです。さて、どんな香りでマグロが変身?するのかお楽しみに!詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

0 コメント

グルッペ「薬膳食養講座」7回目の様子

 昨日はグルッペで薬膳食養講座を行いました。たくさんの皆さんにご参加いただき、ありがとうございます。

 

 講座はいよいよ終盤の季節の薬膳に入り、今回は春の薬膳がテーマでした。今がちょうど春を体感できる時期なので、皆さんにわかっていただけて良かったです。最初に季節の薬茶「棗入り薄荷茶」を試飲後、講座を行って終了後は軽食をお召し上がりいただきます。今回はご飯に白ごまを混ぜ、フキ味噌をトッピング、赤カブの甘酢漬け添えです。補気する米に解毒のフキ、春の五味である酸が漬物に入り、これだけなのに春の薬膳と言える食事です。奥深いと感じます。

 さて、次回は夏と長夏の薬膳です。イメージ力をアップしていきましょう。

0 コメント

グルッペ「やおやの料理教室」2月の様子

 今日はやおやの料理教室でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。私は、いつも皆さんにヘルプしてもらって感謝です。

 

 今回のテーマは切干大根で、煮物の他に水で戻して梅酢で味付けしたはりはり漬けも作りました。高野豆腐は煮物の他に下味をつけて小麦粉をまぶし揚げ焼きに、付け合わせに三浦大根の酢醤油漬けも作りました。

 切干大根と高野豆腐の煮物は、マクロビオティックの基本食となっていて切干の戻し方や煮方にポイントがあります。味付けも醤油のみ!切干大根の甘味を引き出します。これは覚えておくと重宝する一品です。味噌汁の油揚げは焼いてから後でトッピングしたので香ばしく、煎り大豆のご飯も豆がほっくりとして甘味もあって美味しかったです。金柑のタルトも甘さ控えめで簡単に作れて好評でした。全体のバランスが良く、心身ともに満足のいく食事内容でしたよ。

 

 次回は、豆腐のから揚げで酢豚風、砂糖を使わない昆布の佃煮です。

0 コメント

品川食育カフェ「味噌作り」2月の様子

 12日は、やすら木治療室の鍼灸師の先生が主催する食育カフェで味噌作りを行いました。毎年恒例になっていて参加者さんも手慣れたもの、初参加の方もすぐに要領を会得し思ったよりも早くできあがりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。

 大豆を潰して塩切りした麹と合わせ、手でもみ込む作業がとっても気持ちイイと、さらに漬ける容器に生地を投げ込むのが爽快と大好評です。今まで作ってきた参加者さんは、こちらで用意する大豆では足りなく(美味しすぎてすぐ食べてしまうから)ご自身でプラス分の大豆を用意して持参いただきました。お手数をお掛けしましたが、それくらいの価値がある手作り味噌です。10月頃には美味しい味噌ができますよ、楽しみですね。

 次回は、5月28日にカリカリ小梅作りの予定です。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

0 コメント

グルッペ「八百屋のくらし塾」味噌作りの様子

 10日は八百屋のくらし塾で、毎年恒例の味噌作りを行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。

今回は麦麹を使い、ゆり根を加えて味噌を仕込みました。麦麹は米麴に比べると、味噌の熟成機関が少し長めなので今年の12月頃できあがる予定です。麦味噌は九州の方でよく食べられていて甘めの味噌、これにゆり根の効能が加わることで精神安定剤のような味噌になるでしょう。心にホッとするお味噌汁を食べて今を乗り切りたいものです。

 味噌作りの作業は、ひとりよりみんなで行う方が断然楽しく早い、そして美味しくなります。ここで作った味噌はお店で保管し完成後に各料理教室で使うので、味見したい方はやおやの料理教室や薬膳料理教室などにご参加をお願いします。最後には、旬野菜に味噌ドレッシングを添え、煮物に最高の三浦大根を試食していただきました。どれもこれも美味しかったです。

 次回は、6月に梅干し作りを開催します。塩を少なくして冷蔵庫で漬ける方法や10日ほどで漬かる小梅、梅ジュースの紹介、梅料理の試食など盛りだくさんの内容です。皆さんのご参加お待ちしております。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

0 コメント

グルッペ「春の薬膳料理教室」2月の様子

 8日は季節ごとに行っている春の薬膳料理教室でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。

今回は、春のイライラと食欲不振の症状を五行に沿って皆さんと確認しました。五行は知るほどに納得できることばかり、初めはわかりにくくても何度も繰り返していくことで自分の中に入ってきます。そして、活用できることが大事ですね。

 メニューは、煎り大豆入り炊き込みご飯、シジミのスープ、カジキマグロの金柑ソース、ほうれん草とワカメの酢味噌和え、イチゴのムース。今回のテーマに沿った内容で、春を呼ぶような味わいでした。

 次回は、6月に夏の薬膳料理を行います。夏バテは身体がどのような状態になっているかを中医学の観点から確認し、その対策メニューや過ごし方などお話しします。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。皆さんのご参加お待ちしております。

0 コメント

調布「今を生きる料理教室、味噌作り」2月の様子

 6日に調布のgalleryCafe鈴や商店さんで味噌作りと春の薬膳料理教室を行いました。私は、味噌作り講習と薬膳料理を、この料理教室を主催している鍼灸師さん(aoakua治療院院長)が春に起こる身体の症状の手当てなどをお話しされ、盛りだくさんの内容でした。

 今年で3回目を迎えた味噌作りは半分が初参加の方々でしたが、今まで参加された方々がかなりサポートしてくださり、予定より早く味噌も薬膳料理もできあがりましたよ。皆さんで煮えた大豆を潰したり容器に投げ入れたり、とおしゃべりしながら楽しいひと時でした。お料理も短時間でできるものを用意していたので、皆さんのご協力のもとあっという間に完成!そして、美味しいとの感想をいただきとても嬉しかったです。毎回、スタッフとしてお手伝いしてくださるカフェのオーナーの鈴木さん、鍼灸師の内田先生との連携も素晴らしいので私は安心して皆さんとお料理ができます。本当に感謝です。

 次回は、5月に小梅と梅干し作り、梅で作る季節のプチ料理も作ります。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。今回の味噌作りの写真をもっと見たい方は、Cafe鈴や商店さん、aoakua治療院さんもご覧ください。

0 コメント

グルッペ「プチ薬膳料理教室」2月の様子

 5日の午後はプチ薬膳料理教室を行いました。

メニューは、アサリと生姜の炊き込みご飯、ほうれん草と枸杞子のクルミ味噌和え、さらに午前中に使ったセリがあったのでさっと湯通しして、参加者さんと話し合うとサッパリ味が良いとのこと。柑橘類のイメージのようでしたが、それは無かったのでリンゴ酢と塩少々で味付けしました。アサリ軟らかく仕上げ、生姜はほんのり、クルミ味噌はクルミの甘味とコクが味噌の味を丸くしほうれん草とよく合っていました。セリも香り・味共に良く、全てがとても美味しかったです。

 薬茶は大棗竜眼茶を試飲しましたが、飲んで少し経つとお腹の中から体じゅうに広かるような温かさがある、と参加者さんから感想をいただきました。このように、身体からの微かな、でも確実に感じる感覚を大事にして自分の中で積み重ねていくのが大事ですね。

 お話しは春の薬膳の内容で、参加者さんと講師がコミュニケーションを取りながら進めるので楽しく学べる感じです。メニューも時間も少な目ですが、内容は濃い料理教室となっています。初めての方でも大歓迎です!お待ちしております。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

0 コメント

グルッペ「薬膳食養講座」6回目の様子

 5日の午前中に薬膳食養講座を行いました。この日は午後から雨の予報、実際にも空気に湿気を感じ春の気配が濃くなってきた感じでした。そんな中、たくさんの方にご参加いただきありがとうございます。

 今回で身体の臓腑の働きが終了したので次回から季節の薬膳が始まり、3月は春の薬膳でタイムリーな内容です。春は身体のバランスを取るのがなかなか難しい季節、その匙加減を説明したいと思います。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

0 コメント

グルッペ「やおやの料理教室」1月の様子

 今日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。昨日も予定しておりましたが、参加者さんが集まらず今月は今日だけの開催でした。

 

 かぼちゃを入れた玄米粥と常備菜のきんぴらごぼう、白和え、大根の浅漬け、とシンプルだけど滋味深い食事でした。やはり、マクロビオティック料理はココロの深いところを癒すのでしょうね。参加者さんからも「優しい味、素材の味が良く分かる、美味しい、満足」という感想をいただき、私もとても嬉しかったです。

 デザートのぜんざいは、甜菜糖の分量を少な目にして塩で甘さを引き出し、干し柿の甘さをプラスしました。小豆の甘さが美味しく白玉団子ともよく合っていましたよ。

 

 さて、次回は切干大根の煮物をします。切干大根の戻し方にコツがあります。是非、体感しにいらしてください。詳しくは料理教室のご案内をご覧くださいませ。

0 コメント

グルッペ「プチ薬膳料理教室」1月の様子

 

 8日の午後は、薬膳料理教室を行いました。このクラスは、あまりお時間のない方や簡単に作れるメニューと季節の薬膳のお話しです。

 

 予定していた蓮の実入り玄米粥とカボチャとがんもの含め煮を作り、前日の七草粥にちなみカブをお粥に加え、さらに残ったカブを浅漬けにしました。皆さん初めての蓮の実を食し、よく味わっていただきました。食べ過ぎのために疲れた胃腸に優しいメニューでホッとする美味しさでしたよ。

 これに薬茶は杜仲茶を試飲し、冬の薬膳の講義もありで充実した内容と参加者さんから高評価をいただきました。

 

 次回から6月までのメニュー予定ができました。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

0 コメント

グルッペ「薬膳食養講座」5回目の様子

 8日はグルッペでの初仕事「薬膳食養講座」と「プチ薬膳料理教室」を行いました。それぞれにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。年明け早々、しかも3連休の最中にお時間を作ってお越しいただいたことに私は身に引き締まる思いでした。

 

 講座の方は、中医学からみる身体の臓腑の働きで皆さん熱心に受講され、質問も多く活気ある講座となりました。

 写真は講座終了後の軽食ですが、もち米と雑穀を混ぜて半搗きにしたご飯に塩あんこを添えたものとたくあんです。小豆は甘いものという固定概念を吹き飛ばし、塩のみなので小豆本来の甘さがわかります。お正月の疲れた胃腸を癒すかのような一品に、まるで治療食のようなパワーがありました。

0 コメント

グループレッスン「季節の薬膳料理教室」

 昨日は、ステキに働く女性たちのグループに呼ばれて薬膳料理教室を行ってきました。気の置けない仲間とのグループなので皆さんリラックスモード、でも学びたいという意識が高くて私も触発されました。皆さん、ありがとうございました。

 小麦や大豆などのアレルギーをお持ちの方もいらっしゃったので、カキの香草パン粉焼きは衣をパン粉とアラレ(お茶漬け用の)の両方作りました。私は、なるべくみんなで同じものを食べようとメニューを考えますが、その中でも少しだけ替えると大丈夫なものはそのまま使ってダメなものを工夫しています。

 メニューは、鶏とカシューナッツの炊き込みピラフ、パンプキンスープ、カキの香草パン粉焼き、海藻サラダ・梅塩麴ドレッシング和え、4種のフルーツ・葛クリームがけです。どれも美味しいと好評で、私もとっても嬉しかったです。また、次回も楽しみにしていてくださいね。

0 コメント

グルッペ「やおやの料理教室」12月の様子

 10日(土)と11日(日)は、グルッペでやおやの料理教室を行いました。それぞれにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

今回のテーマは「酒粕」で、ホワイトソースに加えたり、ドレッシングに混ぜたりと新しい使い方を紹介し、皆さんで実習しました。酒粕と言えば、粕汁や酒粕の漬け床、溶かして飲み物にというのが一般的ですが、酒粕の効能を知るほどにもっとたくさんの料理に使って召し上がっていただきたいと切に思いました。このテーマを提案してくれた参加者さんに感謝申し上げます。酒粕効果で食後はお腹の中からポカポカと温まり、まさに冬のメニューにピッタリです。

 今回はホワイトソースを米粉で作りましたが、2日めのお教室でうまくできなかったので急遽地粉に変更して作りました。1日めはバッチリできたのに・・その理由を探って解明したいと思っています。また、料理教室でお知らせしますのでしばらくお待ちください。

 

 やおやの料理教室は、これで今年の分は最後となります。この1年もたくさんの方にご参加いただき、心より感謝申し上げます。来年は「常備菜と乾物の使い方」と参加者さんからご希望がありましたので、それを基に内容やメニューを考えました。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

 

0 コメント

グルッペ「冬の薬膳料理教室」12月の様子

 7日(水)はグルッペで冬の薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

冬の薬膳なので、身体を温めて気血の巡りを良くするメニューを実習しました。エビとホタテの紅花スープ、ブロッコリーと人参のサラダ・カシューナッツドレッシング、ザワークラウト、ミカンゼリーと薬茶はホットワインを試飲し、身体がポカポカになりました。スープには、エビとホタテをいれたので良いダシが出て味付けは塩のみでとっても美味しい、カシューナッツドレッシングも美味しいと大好評でした。

 食後の冬の薬膳の講義内容は、使った食材の確認をして納得いただけたと思います。この薬膳料理教室は今まで季節の薬膳を主に行ってきましたが、来年からは季節と身体の関連をさらに深くみていく予定です。料理を実習し、食べて体感し、知識とつなげていく、この方法は確実に自分の中に薬膳の内容を積み重ねていくことができると思います。興味のある方は、是非ご参加くださいませ、お待ちしております。

0 コメント

調布「今を生きる料理教室、冬の薬膳」12月の様子

 5日(月)は、調布のgalleryCafe鈴や商店さんで薬膳料理教室を行いました。

餃子の皮から作り(小麦粉と米粉の2種類)、具も4種類だったのでもうひたすら餃子を作ったという感じでした。

 「みんなで作るからこれだけできるよね」「やっぱりみんなでやると早いね」などど話しながら、真剣に1ミリの皮の厚さに挑戦!みなさんよくがんばりました。そのかいあって小麦粉の皮は1ミリサイズ、なのでいくつでも食べられるほどの軽さでおひとり10コの餃子はあっさり完食でした。

 写真の左からチーズとアーモンド、豚ミンチ、ツナと玉ねぎ(ヨモギ粉いり皮)、羊ミンチ(手前の白い米粉皮)を焼き餃子にし、米粉餃子をスープにしましたよ。そして、餃子がのっている器が陶芸家の中山先生に特注した器(タレ小皿付き)です、ステキでしょ。

 この料理教室を主催しているao akua治療院の院長先生のカラダのお話しもありで盛りだくさんでした。

 

 ご参加いただいた皆様、今年もありがとうございました。来年も楽しく美味しい料理教室をよろしくお願いします。

続きを読む 0 コメント

グルッペ「プチ薬膳料理教室」12月の様子

 4日の午後は、プチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 12月ということでちょっとリッチなメニューにし、パスタに使用したワインも少しだけ試飲しました。お昼間からなんて贅沢なんでしょう!ま、年に1回だから良しとして全員がいい気分になり、たくさん質問も出て楽しい会になりましたよ。

 全てグルッペで販売している食材ばかりでどれもスゴイのですが、パプアニューギニアの天然エビが最高です。とにかく味が濃い、変な匂いや味がせずエビそのものの味です。このパスタも塩だけで味付けしました。ホタテもめちゃ美味しかったです。いつもながら素材に助けられました。

 

 次回は、薬膳講座と同じで1月の第二日曜日、午後1時半開始です。こちらもご参加、お待ちしております。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

0 コメント

グルッペ「薬膳食養講座」4回目の様子

 4日(日)は、グルッペで薬膳食養講座を行い「五行学説」の内容の講座でした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 講座中に参加者さんの反応を見ていると、私は本当にやりがいを感じます。大人の学びは熱気と活気があり、私も大いに奮起してついつい前のめりな感じですが、やり過ぎないように気を付けたいものです。

 

 次回の講座は、1月の第二日曜日になりますのでご注意ください。体と臓腑の内容に入っていき、古代中国人が見たホリスティックの醍醐味を楽しんで学んでいきたいと思います。単発のご参加や途中参加でも大丈夫!どうぞ、ご参加お待ちしております。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

 

 写真は、講座終了後にいただく軽食です。今回は、黒豆入り玄米ご飯、手作り味噌のクイック味噌汁、白菜の麹漬け、カブと人参のぬか漬け、三年番茶、薬茶は生姜紅茶でした。

 

 

0 コメント

品川食育カフェ「今年の味噌開け」11月の様子

 昨日は、やすら木治療室さん主催の料理教室を品川で行いました。ご参加いただいた親子の皆さん、ありがとうございます。

 今回は、今年の2月に仕込んだ味噌を開けて味噌料理を作りました。味噌は、仕込んだ人や保存状態によって様子や味が異なります。ご自分とお友達のと比べてワイワイ、でも自分で作った味噌は断然美味しいし、愛おしいと皆さんおっしゃいます。味噌は、楽しんで作れる分量だけにして無理のないようにするのがいいですね。

 さて、料理はホワイトソースに味噌を加えたグラタンにしました。バターも牛乳も少ししか使わないので「食べ終えても軽いね」との感想で皆さんペロリ!粉を米粉にしたのでソースを作るにもダマにならずラクラクで、お子さんでも上手に作れます。それに合わせたスープは大根おろしのスープで、身体を浄化するような感覚になり「鍋一杯飲める」とのご感想もいただき、皆さん大満足でした。

 

 品川の皆さん、今年も料理教室にご参加いただき感謝申し上げます。来年のお知らせはもう少しお待ちくださいね。また、ご一緒に美味しい料理を作りましょう。

 

0 コメント

グルッペ「やおやの料理教室」11月の様子

 19・20日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。それぞれご参加いただいた皆様、ありがとうございます。

今回のテーマは人参で小松菜の海苔和え以外全てに人参を使いましたが、料理ができあがると人参ばかりを食べているという感覚もなく飽きずに美味しくいただけました。特に人参フライは人参を蒸し煮したことですごく甘くなり、さらに揚げることでコクが出て絶品!一緒に添えた豆腐のタルタルソースと良く合っていくらでも食べられるくらいでしたよ。料理4品に旬のラ・フランスを加えて全体のバランスもバッチリな内容でした。

 

 実は・・ワタクシ今回は大失態をおかしてしまいました!

今までも小さな?ミスはあったけれど、今回のは小さくなく、しかも2日間も同じ間違いをしてしまったのです。それは、スープのとろみに米を一緒に煮るはずが、隣のご飯に混ぜる人参の鍋の方に入れてしまい、煮えるまで気が付かなかったのです。土曜日の終了後、明日は気を付けようと思っていたのに、再び悪夢のように繰り返してしまい、自己嫌悪に陥りました。そんな私に参加者の皆さんは「人参ばかりだから間違えるわよね~」と優しいお言葉をかけてくださり本当にありがたかったです。

 もちろん、スープに米を加え直してとろみをつけ、ご飯に混ぜる人参の方は米を取り出せないのでそのままで味付けを濃いめにし、最終的には事なきを得て美味しく仕上げることができたのですが・・ワタクシ今回は本当に猛省いたしました。この教訓を次につなげていこうと心に留めた次第です。

 来月は酒粕を使ったお料理です。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

0 コメント

グルッペ「八百屋のくらし塾」白菜漬けの様子

 今日はグルッペでくらし塾を行い、白菜漬けの実習をしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 昔、家族が多い家では冬になると白菜を大樽に何玉も漬けていましたが、現在では大家族も減って白菜を大量に漬ける家は少なくなったようです。

 しかし、冬の甘い白菜を塩漬けするといくらでも食べられるほど美味しい。そこで、今回は少ない量を美味しく簡単に漬けられる方法を実習しました。それだけ?という感想もあり、皆さんにも好評でした。

 そして、私が事前に漬けておいた白菜漬けの試食と今年の1月に仕込んだ味噌を開けて味噌ドレッシングを作って蒸し野菜に添え、カボチャのごま味噌煮の試食もありました。これにご飯があったら最高!という感じでしたよ。

  他には、身近な食材を使ったお手当の方法も説明し、有意義な会になりました。来年の分は、改めてご案内いたしますのでもう少しお待ちください。

 

続きを読む 0 コメント

「プチ薬膳料理教室」11月の様子

 昨日の午後は、プチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 メニューは、ブリとスダチの混ぜご飯にカブのすり流し汁、さらに午前中に使ったむかごがあったので、ごま油で炒め酒・みりん・醤油で味付けした一品も追加です。ブリは天然の上物が入手できてとっても美味しいけれど、匂いが気になる方もいらしたのでカボス(スダチがなくて代わりに使用)を多めに絞り、皮もすりおろして加えました。全員が満足できる味になって良かったです。カブは、甘くて柔らかくてお腹に優しいお汁です。

 

 薬茶は、クコ入り生姜茶で生姜は乾姜を使って試飲し、身体が芯からぽかぽかになりました。

 

 次回は、洋風メニューです。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

 

0 コメント

グルッペ「薬膳食養講座」3回目の様子

 昨日はグルッペで薬膳食養講座を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 3回目は、陰陽説の内容でさまざまな現象に照らし合わせて陰陽の確認ができて良かったと思います。

 講座終了後の軽食は、むかごの炊き込みご飯と白菜漬けです。むかごは山芋の実ですが、こんなに小さいのにエネルギー値が高い!しかもホクホクで野趣あふれる味わいに深秋を感じました。それと、参加者さんから有機特別栽培の新米をいただいたのでそのお米と炊き込み、さらにパワーアップのご飯になり感謝です。白菜漬けは、16日(水)にグルッペくらし塾で実習を行います。まだ、お席に余裕がありますので、作ってみたい方はご参加お待ちしております。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

 

 次回は「五行説」の内容で、日本の行事もからめてお話しします。面白いですよ。単発参加も大丈夫です!薬膳講座のご案内をご覧ください。

0 コメント