「プチ薬膳料理教室」7月の様子

昨日はグルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

雨続きの中、昨日は晴れて暑くなり夏の薬膳が活かされました。メニューは、豆腐とヒジキの丼、トマトとワカメと卵のスープ、冬瓜の含め煮を実習し、ラッキョウのひふみ漬けは私が去年漬けたものを試食していただきました。薬茶は、スイカジュースを試飲しましたが、冷え過ぎないように生姜汁を加え、塩も少々加えると、すごく甘くなりまるで砂糖が入ったみたいとの声も。美味しい薬膳で皆さんご満足の様子でした。

食後は、メニューの薬膳の説明と五行を少しお話ししました。

 

次回は8月2日(日)です。例年だと8月はお休みしてましたが、コロナで中止が多かったので今年は行います。さらに、第二日曜日は連休になるので第一日曜日に変更しました。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「やおやの料理教室」6月の様子

今日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。この教室もまた再開できて本当に良かったです。

 

料理メニューは、香味野菜の混ぜご飯、白玉と蕎麦の実のお吸い物、長芋とアスパラガスの梅肉和え、ハト麦入り鹿の子の4品。ご飯はいろいろな味と食感が楽しく、お吸い物は美味しい昆布を使っているので塩と醤油だけの味付けにプチプチの蕎麦の実で、長芋とアスパラに梅肉の和え衣がサッパリ味、鹿の子は簡単な作り方にアレンジしました。

 

どの料理も梅雨の季節にぴったりで、食欲がない時でも食べられる身体に優しい食事内容でした。

 

来月は、カレー粉と香辛料を少しプラスしてカレーを作ります。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

癒しの料理教室

 

私が携わっている料理教室に参加された方々から、参加して楽しい、癒されたと嬉しい感想をいただきます。

 

私は、いつも料理教室を始める前に天と地を意識して皆様のお役に立てますように、と願いながら料理の準備をしています。薬膳料理もマクロビオティック料理も自然界とつながることを良しとしているので、私もそのことを常に大事に思って料理教室を行っているから心地よい場ができているのかもしれません。

 

この数か月は、どなたも家での食事の用意が大変だったと思われます。よかったら料理教室にいらして、体も心も休めてみてはいかがですか?今のところ、明日、明後日のやおやの料理教室はまだ空きがありますのでご連絡お待ちしております。

お申し込みは料理教室のご案内をご覧の上、お電話ください。

「プチ薬膳料理教室」6月の様子

 

3ヶ月ぶりに料理教室を再開し、初回の今日はグルッペのプチ薬膳料理教室を行いました。このような中、ご参加いただいた皆さまに心よりお礼申し上げます。

 

内容は梅雨の薬膳で、利水と健脾の効果を取り入れました。

メニューは、あんかけ焼きそば、オクラとアオサのスープ、トーフドレッシングサラダ。季節の薬茶は、ハト麦玄米茶で試飲してから出し殻のハト麦と玄米はサラダにトッピングしていただきました。薬茶は予定の竜眼茶からハト麦玄米に変更しました。

 

久々の教室は、皆さんと料理し食事をし中医学の学びもしてとても楽しかったです。この薬膳メニューも美味しいと皆さんに好評でした。食後も会話のやり取りをしながら梅雨の薬膳を学び、良きひと時となりました。

次回は、7月12日に開催予定です。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

料理教室、再開のお知らせ

 コロナの自粛が解除になり、用心しながらも料理教室を再開することにしました。

皆様、お元気でいらっしゃいましたか?外出もままならず、キュウキュウしてストレスフルではあったと思います。また、家庭料理もいつもより作り続けた3カ月だったのでは?!本当に皆様、お疲れ様でした。料理教室にいらして疲れを癒してくださいませ。

 

 グルッペのやおやの料理教室、プチ薬膳料理教室はそれぞれ料理教室のご案内薬膳料理教室のご案内をご覧ください。コロナは、まだ予断を許さない状況です。そこで、各料理教室では手指の消毒液、うがい用紙コップ、調理用手袋をこちらで用意します。また、調理中はマスクを着用して頂き作業中もある程度の間隔を取りながら料理を進めてまいります。

 そのため、コロナが落ち着くまでは各教室の参加人数を4名さまにさせていただき、ご参加多数の場合は日にちを増やす予定でおります。また、参加当日の朝でも発熱した場合は、ご連絡いただきお休みしてください。その件に限りキャンセル料はいただきません。

 では、皆様のご参加を心よりお待ちしております。6月のやおやの料理教室、料理写真は来週中に掲載します。

やおや5月レシピ「イチゴの豆かん」

やおやの料理教室、デザートはイチゴの豆かんです。

大きめに切った寒天とふっくら炊いた赤えんどう豆、さらに旬のイチゴをトッピングして白蜜をかけました。

 

豆かんは、清涼感があってちょっと暑い日には最適のデザートです。寒天とイチゴ・赤えんどう豆をマクロビオティックの陰陽でみると、寒天が陰でイチゴ・豆が陽になります。その基本に従って陰陽のバランスが取れるようにしました。

 

私の個人的嗜好ですが、豆かんが大好きで赤えんどう豆の代わりに小豆や黒豆でも作ったりしました。しかし、やはり豆かんは赤えんどう豆がベストなのですね。豆の皮が破れないように炊き上げるのがポイントですよ。

 

レシピはクリックしてご覧ください。

続きを読む

やおや5月レシピ「玉ねぎとパプリカの酢こうじ和え」

 

やおやの料理教室、3品めは「玉ねぎとパプリカの酢こうじ和え」のレシピです。

 

この料理は、新玉ねぎとパプリカの甘さを活かし、酢こうじと塩だけで和えています。作りたても美味しいですが、翌日になると全体がほんわかして味がなじみさらに美味しくなりますよ。ドレッシングにする場合は、オリーブオイルなどを大さじ1ほど加えてみてね。

 

酢こうじは、「安心」2019年9月号で紹介され、とても好評でした。今回は、酢麹こうじの作り方も公開しますので、是非、作ってみてください。簡単にできますよ!

 

レシピはクリックしてご覧ください。

続きを読む

やおや5月レシピ「アボカドディップ」

グルッぺやおやの料理教室、5月のメニュー「スティック野菜のアボカドディップ添え」のレシピを紹介します。

 

これは、アボカドをつぶしてレモン汁などを混ぜ、刻んだナッツを加えたディップです。アボカドは、ちょっと青臭さがありますが、ナッツを加えることでそれが気にならなくなります。このディップは、野菜やパンにたっぷりつけたり、パスタに和えたり、もちろんそのまま食べても美味しいですよ。

 

アボカドはご存知の通り、森のバターや食べる美容液と言われています。ディップの他にも天ぷらや味噌汁、ソテーなど火を通すことでさらに青臭さが取れて食べやすくなりますよ。いろいろと作ってみてください。

レシピはクリックしてご覧ください。

続きを読む

やおやの料理教室、5月のレシピ「カレーうどん」

 

皆さん、こんにちは。お元気ですか?

 

5月も自粛要請により、料理教室は中止しています。そこで、やおやの料理教室のレシピを公開しますのでよかったらご利用くださいませ。

 

今回のメニューは、カレーうどん、スティック野菜のアボカドディップ添え、玉ねぎとパプリカの酢麹和え、イチゴの豆かんです。

カレーうどんのうどんを粉から作るか市販のものにするか迷いましたが、うどん生地をこねるのはちょっと大変なので市販のうどんにしました。汁もめんつゆを使ったので簡単にできますよ。今日は、カレーうどんのレシピを紹介しますので、ご覧になりたい方はクリックしてください。

続きを読む

ホーム写真「初夏の薬膳」菊花茶

菊花茶は、季節で言うと主に春の薬茶として飲みます。

それを薬膳的にみると、春は肝の働きが過剰になりやすく肝気が頭部に上がってしまうとカッカとして頭痛やめまい、ふらつき、目赤などの症状が出やすいため、その上がった気を降ろしてくれる働きが菊花にはあります。

 

では、なぜ初夏に?と思うかもしれませんね。それは、今コロナの自粛により今までと違うストレスに悩まされている方が多いので、イライラを少しでも解消できたら、と紹介しました。

 

菊花は、中国の食材を扱っているお店などに置いてます。お茶のいれ方は、マグカップに菊花を7~8コとお湯を入れて蓋をし、3分ほど蒸らしてから飲みます。飲み終えたら再びお湯を入れて2煎は飲めます。個人差はありますが、イライラカッカの時に飲むとスーッとして楽になりますよ。

ホーム写真「初夏の薬膳」杏仁豆腐

お楽しみのデザートは杏仁豆腐です!

 

さて、これを寒天にするかゼラチンにするか、豆乳か牛乳かで検討してみた結果、豆乳とゼラチンで作ることにしました。

その理由として、豆乳は肺熱をさまして空咳を鎮め、体内の水分を生み出して渇きを癒す効果があります。ゼラチンは、豚の皮や骨髄などから作られているので豚の皮で効能をみると、体の熱をさまし心配ごとを和らげ喉の痛みに良く、人の生命力の源である腎の働きを助けてくれます。

さらに、杏仁は咳や喘息、便秘に効果的です。便が緩かったり下痢の場合は使わないでください。

これらを使うことで、肺と腎を強化し予防策として今の状況に対応できるかと思われます。

 

但し、絶対的に効果があるとは言えませんのでご了承ください。

 

続きを読む

ホーム写真「初夏の薬膳」サーモンのムニエルレシピ

メインは、生鮭でムニエルにしました。

 

鮭に片栗粉をまぶして焼き外側はカリッと、身は酒に浸した効果でフワッと焼き上がります。さらに、焼く時間は3分ほどにしてあとは余熱で仕上げるのも料理のポイントです。

 

鮭は、気血を補ってそれぞれ巡らせ、お腹を温めるため、疲労や血色不良、腹部の冷えに効果的。鮭の付け合わせにはキャベツを添え、胃及び五臓の働きを助けるため、疲労や消化不良に効果的。

この料理も今の状況に良いと思われるので、どうぞご活用ください。

 

レシピはクリックしてご覧ください。

続きを読む

ホーム写真「初夏の薬膳」スープレシピ

このスープは、トマト・セロリ・豆腐全てに清熱作用があるため、体内の余分な熱を取ってくれます。但し、初夏は風が冷たい時もあるし、冷え性の方にはちょっと冷やし過ぎが気になるので温性の生姜を少しと鶏ガラスープを使い、冷え過ぎないスープにしました。

 

また、セロリには肝の働きを助け、解毒もしてくれるので今の状況に良いと思われます。

 

スープの味付けは塩と酒のみでシンプルですが、セロリの香りが味を引き立てています。スープカップによそってから刻んだセロリの葉を浮かせるとより香りが立ちますよ。

 

レシピはクリックしてご覧ください。

続きを読む

ホーム写真「初夏の薬膳」の説明

5月5日の立夏を過ぎて、吹く風や大気に夏の気配がしてきましたね。そうなると、気温が上がってきて体も暑くなるので少し冷ますと楽になります。

 

薬膳では体の余分な熱を取ることを清熱と言いますが、初夏は極端に冷やすのではなくさます感じです。また、今の状況を考えると気もしっかりと補った方がいいのでそれらなどを合わせたメニューにしました。

 

メニューは、今が旬のそら豆を七分搗きご飯に混ぜ、トマトとセロリと豆腐のスープに生鮭をムニエルにしてキャベツを添え、生のキクラゲを豆板醬でピリ辛炒めに、デザートは豆乳で杏仁豆腐にしました。

それぞれの薬膳説明とレシピをご覧になりたい方は、クリックしてご覧ください。毎日、1品ずつ紹介してまいります。

続きを読む

やおや4月レシピ「餅きびのドーナツ」

 

やおやの料理教室4月のデザートレシピは、餅きびのドーナツです。

 

餅きびを炊いてドーナツにするのですが、いかに軽く仕上げるかに苦心しました。餅きびにお麩やあられを混ぜてみようか?などと考えてましたが、ピンとこないのでベーキングパウダーを多めにしてみたら、表面はカリッと中はモチモチッとして軽くてとても美味しくできました。

 

これは食べ過ぎに注意です。やはり、餅きびは油を吸収するので後で胃もたれをおこすかも。手前の丸いドーナツ2コくらいにしとくといいですよ。また、翌日になるとペショっとなるのでオーブントースターで温めてからお召し上がりください。

 レシピはクリックしてご覧ください。

続きを読む

やおや4月レシピ「筍とひじきの炊き込みご飯」

 

春は筍を一度は食べておきたいですね。

 

筍は解毒作用があるため、冬に溜め込んだ脂肪など余分なものを体外に排出する働きがあります。

筍を食べて体をスッキリさせ、これからの暑い季節に備えましょう。

 

今回はひじきも一緒に炊き込みましたが、下煮せず戻しただけの状態で炊き込んでいることがポイントです。戻し方もたっぷりの水に浸けるのではなく、さっと汚れを流したら少量の水で戻すためミネラルの流失も防ぐことができます。さらに、ひじきは鉄分とカルシウムが豊富ということからも普段の食事に取り入れていきたいですね。

 

レシピはクリックしてご覧ください。

続きを読む

やおや4月レシピ「納豆とねぎのフリッター・春キャベツ添え」

 

4月レシピの主菜は、納豆とねぎのフリッターです。

フリッターは、炭酸水で溶くので衣がカリフワに揚げ上がります。ひと口食べた時の食感は感動ものですよ。

 

衣を溶く時に、なるべく炭酸の泡を消さないよう手早く作業することがポイントです。まわりにちょっと粉気が残っていてもOKです。衣ができたらあらかじめ混ぜておいた納豆とねぎを加えてさっくり混ぜれば、もう大丈夫。後は、急がなくても2~3回に分けて揚げてもフワフワ感は消えません。

 納豆は、大粒でも小粒でもお好きなものをお使いください。

 

写真は2人前を盛り付けてます。

 

レシピはクリックしてご覧ください。

続きを読む

やおやの料理教室、4月のレシピ「山菜の味噌汁」

 

4月も料理教室は中止のため、レシピを紹介します。ご興味があればどうぞご利用くださいませ。

 

昨日、筍の茹で方をアップしたので出し汁つながりで山菜の味噌汁から紹介します。

 

今回、山菜はフキノトウを使いましたが、春の山菜なら何でもOKです。たとえば、タラの芽・コゴミ・山ウド・ウルイ・コシアブラ・シドケなど、あまりアクがないので使いやすいです。但し、ワラビはあらかじめアク抜きをする必要があるので、重曹などでアク抜きしたものをお使いください。

 

レシピはクリックしてご覧ください。

続きを読む

筍の茹で汁が出し汁に!

 

グルッペ、やおやの料理教室4月も中止なので、レシピを紹介します。先ずは、その前に筍のアク抜きの茹で方をアップします。

 

筍のアクは結構強いので、通常は米ぬかや小麦粉などと共に茹でてアクを吸着させます。それでも良いのですが、茹で汁を捨てるにもちょっと大変ですね。

 

そこで、筍と昆布を一緒に茹でると茹で汁が出し汁になるくらいの美味しさになります。これは、筍と昆布の陰陽バランスがとれた状態で、アクを旨みに変えてくれたのです。昆布も煮物や佃煮など使えるので、捨てるのは筍の硬い皮だけです。

茹で汁を使うので、筍はタワシでよく洗い、写真のように先を切り落として縦に切込みを入れます。

続きを読む

やおや3月レシピ「塩麹パンケーキ」

 

皆さん、こんにちは。やおやの料理教室の3月レシピ、塩麹パンケーキです。これで4品全て公開しました。

 

いや~、パンケーキ何枚焼いたかな?食べ過ぎてしばらくいらない感じです。私は、塩麴で多少は生地が発酵するかな?と思っていましたが、よく考えたら塩麴は発酵済みだからそんなに膨らむわけではなく、食材の成分を変化させる(たとえば旨みがでたりやわらかくしたりなど)のだと思いました。確かに、生地を6時間くらい寝かせてから焼くと、膨らみはそれほどでもないけれど食べて重たい感じがないのです。これは、私の個人的な感想なので・・ご了承ください。

写真のパンケーキは、混ぜてすぐに焼いたものでかなりふっくらしています。どうぞ、お試しになってみてね。

続きを読む

やおや3月レシピ「柑橘の果肉ゴロゴロ寒天ゼリー」

 

皆さん、こんにちは。今日はデザートのレシピを公開します。

 

このゼリーの柑橘はいよかんを使い、寒天の分量を最小限にしてふるるん食感にしました。やわらかいので型抜きでなく、耐熱のグラスなどの容器に入れて冷やし固めてください。耐熱グラスがなければ、寒天液をボウルに移して粗熱よりやや冷めた状態になれば普通のグラスでもOKです。但し、冷まし過ぎると寒天が固まり始めるのでご注意を。

 

これから暖かくなって、ちょっと冷涼感が欲しい時にどうぞお試しください。

続きを読む

やおやの料理教室、3月「餅きびのロールキャベツ」

 

皆さん、こんにちは。昨日に引き続き、3月のレシピを公開します。

 

このロールキャベツは、キャベツの甘さと餅きびの甘さプラスほのかな苦味が美味しいメインメニューです。

甘味の強い冬キャベツでも柔らかい春キャベツでも、どちらで作っても美味しいですよ。その中身は、玉ねぎと一緒に炊いた餅きびに木綿豆腐とヒジキ煮を混ぜたもので、餅きびのモチモチした粘りがあるのでつなぎの粉はいらないです。

 

餅きびの炊き方は、アワもヒエも同じなので覚えておくと重宝しますよ。雑穀類は、エネルギー値が高いので食べるとお腹がしっかりして調子が良くなります。よかったらお試しください。

 

 

続きを読む

やおやの料理教室、3月のレシピ「ペイザンヌスープ」

 

皆さん、お元気でお過ごしでしょうか?

3月の料理教室は中止にしましたが、グルッペで開催しているやおやの料理教室のレシピを公開いたします。料理の作り方の写真も細かく紹介しますのでわかりやすいかと思います。なお、プチ薬膳料理教室のメニューはそのまま4月に行う予定です。

 

料理教室にご参加の皆さん、今までご参加の皆さん、また、遠くて参加できない皆さんのために少しでもお役に立てれば、私としても嬉しく思います。

 

やおやの料理教室、3月のメニューのひとつ「ペイザンヌスープ」のレシピです。よかったらクリックしてご覧ください。

続きを読む

ロールキャベツを食べやすく

私は、家でロールキャベツを食べる時にナイフも使わなくちゃいけなくて食べにくいな・・と思ってました。

 

そこで、ロールキャベツを輪切りにしてお皿に並べソースをかけました。お箸だけでOKだし食べやすいですよ。

 

このロールキャベツをやおやの料理教室で来月実習します。中身にする餅きびのモチモチ感や米粉と豆乳で作るホワイトソースがやさしい甘さでほっこりします。

 

詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

このところのコロナウイルスも心配です。やおやの料理教室や他のお教室も今のところ開催予定ですが、中止になる場合もあるかもしれません。早めにお知らせしますが、その際はご了承くださいませ。

 

グルッペ「やおやの料理教室」2月の様子

 昨日と今日は、グルッペでやおやの料理教室を行いました。急に暖かくなったり雨降りで寒くなったりと天候不順の中、ご参加いただきましてありがとうございました。

 

 今回はイタリアンメニューです。アラビアータは、唐辛子の使い方で辛味の調整ができることやトマトソースの美味しい煮方を。スープにはヒエとじゃが芋を入れてボリューム感たっぷり、酢麹でドレッシングを作って菜花や大根・ワカメとサラダにしました。酢麹は作り方も実習しました。豆腐で作るレアチーズケーキは、豆腐と思えない感じでチーズ風が美味しかったです。食後は、発酵や麹についてお話ししました。

 

 次回は、洋風メニューです。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております。

「プチ薬膳料理教室」2月の様子

9日の日曜日にグルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

春の薬膳メニューですが、まだまだ風も冷たく寒いので身体を温めることを大事にしました。

黒豆を炊き込んだご飯、菜花とワカメの味噌汁、イカとセロリのピリ辛炒め、大根とヒジキの五味子酢和えの4品実習しました。

特にイカとセロリの炒め物は、すごくとっても美味しくてご飯にのせて丼にしてもいいね、やお皿までなめてしまいたいなどの感想が。また、五味子酢和えも酢の角がとれてツンとしないしちょっと不思議な味、との感想もありました。

そう、五味子は漢方薬に使い、五つの味と言うくらいですから五臓全体を助けてくれます。味は、酸味が強いですが隠れた味が複雑な味わにしてくれます。なので、漢方薬だけでなく料理やお茶にしても使います。

 

次回は、引き続き春の薬膳の内容です。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。食後のお話しは、季節の薬膳だけでなく薬膳や中医学にまつわるお話しもしますので、どうぞ、気楽にご参加くださいませ。お待ちしております。

グルッペ「くらし塾」味噌作りの様子

 今日は、グルッペのくらし塾で味噌作りを行いました。たくさんの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。

 

 今回の味噌作りは、各自仕込んだ味噌をお持ち帰りできるようにしました。大豆を潰すのがなかなか大変、次に麹の塩切りをして大豆煮混ぜ、容器を焼酎で消毒し味噌生地を投げ入れ、容器をきれいにして重しをのせフタをして出来上がりです。ワイワイと楽しい会になり良かったです。

 作業終了後、グルッペの旬野菜(さつま芋・人参・菜の花・蓮根・カボチャ)を蒸して味噌ドレッシングを添え、お召し上がりいただきました。味噌は去年仕込んだ米味噌で野菜ともに美味しいと好評でした。

 秋には、味噌ができあがるので参加された皆さんお楽しみに!

グルッペ「薬膳料理教室」1月の様子

 今日は、グルッペで薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回のテーマは「陽虚」身体は冷えている症状が主なので身体を温める食材を選び薬膳を考えました。

 写真右上に腸粉があります。パクチーに隠れていてよく見えませんが、食感は本物にかなり近づけることができました。しかし・・巻きにくい生地になってしまったのは私の反省点です。他に焼きビーフン、ニラとキノコの卵スープ、八角を一緒に漬けこんだカブとザーサイの浅漬け、そしてデザートのミカンと生姜のミルクゼリーはプルルン感と生姜が効いてとっても美味しかったです。

 食後は、陽虚と五行などの内容でお話ししました。さらに深めていきたいですね。

 次回は、4月22日(水)陰虚がテーマです。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

品川食育カフェ「味噌作り」の様子

 昨日は、品川のやすら木治療院さんのご依頼で味噌作りを行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 この食育カフェでは、毎年味噌作りが恒例となっていていろいろな味噌を作ってきましたが、今回は黒豆で味噌を仕込みました。黒豆を煮てつぶすと全体がグレイ色になりますが、出来上がりは普通の味噌色になります。しかし、味噌の味は深みがあって元気になるような感じ、しかもすごく美味しいです。

 料理の実習では、私が去年仕込んだ黒豆味噌にお湯を注いで味噌汁にして試食して頂きました。ダシを使わなくても美味しいと皆さんから大好評!それと、玄米おにぎりに味噌やバルサミコソースを塗ってソテーしたものとシンプルながら美味しい、ホッとした、幸せ~との感想をいただき、私もとても嬉しかったです。

 

 次回は、6月に梅ジュースを作ります。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「やおやの料理教室」1月の様子

 昨日と一昨日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 やおやの料理教室、今年のテーマはマクロビオティックを基本にしたアレンジ料理です。料理の基本がしっかりしていれば食材など自由に組み合わせて楽しむことができます。そして、時々マクロビオティックの基本食がメニューに入った際には、その作り方も実習しますので初めての方でも参加しやすい内容になっています。

 今回は、蕎麦寿司をさらにいなり用に炊いた油揚げで巻いてジューシー感を出しました。蕎麦寿司を巻くのがちょっと大変でしたが、皆さんきれいに巻けて良かったです。それと豆腐にねぎ味噌を挟んで揚げ焼きしてあんをかけたもの、お吸い物、餅きびをさつま芋と共に炊いてお団子にしたデザートと盛りだくさんです。とっても美味しく満腹になりました。

 食後は、皆さんといろいろ話してコミュニケーションを取り、私からマクロビオティックを通しての食べ方や自分の見つめ方などもお話ししました。

 

 次回はイタリアンです。デザートにトーフチーズケーキを作りますが、植物性のみでどこまでチーズケーキに近づけるか、がポイントです。金柑煮をトッピングするので春色のステキなケーキですよ。さらにヒエの使い方も紹介しますのでお楽しみに!皆さまのご参加をお待ちしています。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

「プチ薬膳料理教室」1月の様子

 今日は、グルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 冬の薬膳を実習し、食後に五行説など中医学のお話しも少し説明しました。

 メニューは、カボチャと蓮の実のお粥、カブの豆乳煮、卵とブロッコリー炒め、大根のクルミ和えの4品です。初参加の方は、1時間ちょっとで料理を作り終えたことが驚きだったようです。食後は身体がポカポカと温まり、美味しくて心がホッとするような薬膳だったとの感想をいただきました。

 中医学の内容は少しずつ深めていけたら良いと思います。ゆっくりでいいから自分のものにしていきましょう。

 

 次回は、春の薬膳をテーマにします。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。皆さまのご参加、お待ちしています。

グルッペ「やおやの料理教室」12月の様子

 昨日と今日の2日間、グルッペでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は、今年のテーマのマクロビオティックが最終回だったので、お話しはマクロビオティックのまとめとお料理は精進のお節料理を実習しました。なるべく簡単に工夫したつもりでもお節はそれなりに手間と時間がかかります。皆さんのご協力のもと、美味しいお節ができあがりました。特に8~10時間煮たごぼうを巻いた昆布巻きは、ごぼうの柔らかさと旨さで皆さんの驚きだったようです。山芋とゆり根のきんとんも大好評でした。

 今年は、マクロビオティックの基本を実習したので来年はその基本を元にアレンジしたお料理の予定です。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

 

 私は、この料理教室で今年最後の仕事納めでした。今年もお料理教室や講座にご参加くださった皆様には心より感謝申し上げます。また、来年もよろしくお願いします。

調布「今を生きる料理教室」冬の薬膳の様子

 昨日は、調布にあるgalleryCafe鈴や商店さんで料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 毎年、12月は陶芸作家の中山典子さんの器とコラボレーションしていて、今年は直火にかけられる耐熱の器を作成していただきました。ガスにもかけられるし、写真のようにホットプレートの上にも直接置けるのでとっても便利です。しかもカワイイ!中山先生、ありがとうございました。中山さんのブログ陶芸作家中山典子の気まぐれ日記です。

 

 今回は、もりもりの盛りだくさんのお料理でした。メインはチーズフォンデュで人数が多いので中山先生の器とアルミの容器(よく冷凍うどんなどで売ってる)に分けて温め、熟成肉や干し野菜を蒸したりソテーしてトロ~リチーズをつけていただきました。すごく美味しかったです。さらにおにぎりにバルサミコソース・味噌ダレをつけてソテーしたものとキノコの薬膳スープ、フルーツトライフル。さらに前回、台風の影響で中止になった時のメニューのひとつ、醤油漬け玉子も用意して試食していただきました。

 どれも美味しくて・・と皆さんと共にお腹いっぱい食べて幸せでした!また、漬物や料理レシピもよく活用してくださっていて私は本当に嬉しい。皆さん、ありがとうございます。

 

 今年も季節ごとに4回、料理教室をさせていただきました。参加いただいた皆様、galleryCafe鈴や商店のオーナー鈴木様、この会を主催してくださっているアオアクア治療院の鍼灸師の先生、大変お世話になりありがとうございます。また、来年もよろしくお願いします。

来年のお知らせは、料理教室のご案内ページに改めてお知らせしますのでもう少しお待ちください。

 

「プチ薬膳料理教室」12月の様子

 今日は、グルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 冬の薬膳なので身体を温め、血の巡りを良くするメニューです。ご飯にクルミと紅花を炊き込み、スープにはキャベツたっぷりとエビを入れ、人参とチーズをソテーし、カボチャは八角を入れて蒸し煮し、ゴマクリームをかけました。おまけにカボチャのワタを刻んで米粉と混ぜ、パンケーキも作りました。食後は、身体がポカポカと温まったと皆さんから感想をいただきました。

 さらに、薬膳の説明もして盛りだくさんの内容です。薬膳が気になるけど初めてだから・・・と思っている方に最適のお教室ですよ。食材も生薬はあまり使わず、普段使いの食材を使いますので取得しやすと思います。そして、美味しいです!

 

 今年のプチ薬膳料理教室は終了しました。来年は1月12日に開催します、詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。料理教室でお待ちしております。

品川食育カフェ「醤油こうじ作り」の様子

 昨日は、品川で醤油こうじ作りと料理教室を行いました。この会は、品川でやすら木治療室を開業されている鍼灸師さんのご依頼で、ステキなお子さんも参加されます。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 写真にはありませんが、醤油こうじを各自仕込んでお持ち帰りしていただき、あとは、醤油こうじを使ったドレッシングを蒸し野菜にかけ、手作りソーセージを作ってホットドッグにしました。飲み物は甘酒ですが、私が前日に作ったものを用意しました。参加者さんからは、市販の甘酒は飲めないけれどこれは美味しくて飲める。と感想をいただきました!

 

 今年は、これでおしまいで次回は来年の1月26日に味噌作り講座の予定です。詳しくはもう少しお待ちください。

 品川の皆さん、今年も料理教室にいらしていただき、ありがとうございました。

続きを読む

グルッペ「やおやの料理教室」11月の様子

 9日の土曜日と昨日の日曜日にグルッぺでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は、玄米ご飯のしみじみとした美味しさに身体が休まりました。けんちん汁は、マクロビオティック料理の陰陽を応用した煮方でダシを使わなくてもそれぞれの野菜の味が良く出る汁に。冬、定番にしたいねぎ味噌を油揚げの中に入れて焼き、食べたときに油揚げの香ばしさとねぎ味噌のジューシーな感じが口一杯に広がって美味しい。パイもひと手間加えてサクサク食感、大成功!付け合わせのジャムも簡単にできて皆さんに気に入っていただけました。

 それから、おまけにらっきょうのひふみ漬けも試食していただきました。1年前に漬けたものなのでらっきょうがまるで別物に変化していて、らっきょうが苦手な方でも食べられる感じです。皆さん、ビックリなさってました。ちなみにひふみ漬けは、昔からある漬け方で酢1:みりん2:醤油3の割合で漬け汁を作り、そこにらっきょうを漬け込むだけです。このような伝統食に触れるたび、先人の生きる知恵に感服いたします。私は、これからもできるだけ伝統食を取り入れていきますのでご期待ください。

 

 来月は、年末につき第二土日に変更になりますので、ご確認の上お申し込みくださいませ。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。お節料理を作りますが、昆布巻きの中に巻くごぼうがすごいです。お楽しみに!

「プチ薬膳料理教室」11月の様子

 今日はグルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。初めて参加された方も多く、楽しくにぎやかでした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 先月は台風の影響で中止になったため、そのメニューを実習して薬茶と食後のお話しもそのまま秋の薬膳にしました。

 キノコの炊き込みご飯、カブのすり流し汁、豆腐と山芋の味噌あん炒め、ホウレン草と白キクラゲのナッツ和えを作り、どれも美味しいと好評でした。身体もポカポカと温まり、心地よい雰囲気で終えることができました。

 

 今回は、薬膳が初めての方が多かったので五行などの説明をなるべくわかるように話したつもりですが、中医学を理解するのは簡単ではないので、良かったらまたいらしてくださいませ。次回は、年末なので第一日曜日に変更します。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

 

 また、やおやの料理教室の1回目を昨日行いました。2回目は17日の日曜日にあり、まだご予約受付ておりますので連絡お待ちしております。

バター無しでサクサクパイ

マクロビオティック料理では乳製品を使わず、それに代わるものをいろいろと工夫して同じような料理に仕上げます。

 

パイはたっぷりのバターでサクサク食感にしますが、マクロビは植物油でサクサク食感を出します。

私は、今までもひと工夫してサクサク感を出してきましたが、今度はサクサク感がグレードアップする方法を見つけました。それを今月のやおやの料理教室で実習しますので、ご参加できる方は是非、お待ちしております。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

 

昨日はグルッペ吉祥寺店の収穫祭があり、私は一昨日からコロッケの仕込みと昨日のコロッケ揚げでお手伝いに行ってきました。収穫祭のコロッケは毎年の定番になっていて大好評!お店のスタッフと400コ作りました・・そして完売。お買い上げいただいた皆様に感謝です。

このパイの試作品を吉祥寺店に持参して試食してもらうと、とっても美味しいとお墨付きをいただきました。皆さん料理教室で一緒に作りましょう。

善林庵「季節のマクロビオティック料理」10月の様子

 昨日はいわきの善林庵さんで料理教室を行いました。

週末の大雨で26日まで常磐線が不通になっていたこと、ましてやいわき市も浸水被害があったりとで昨日の27日は料理教室が開催できるか危ぶまれていましたが、電車は朝から普通に戻り、参加者さんもいらっしゃるとのことで無事にできました。

 そのような中、ご参加いただいた皆様、開催してくださった善林庵さんに心から感謝申し上げます。

 

 今回は、餃子の皮から手作りして生地の感触を確認していただきました。家で一人で作るのは大変だけどみんなだと早くできて楽しかったですね。野菜餃子はスープに、ご飯にはむかごを炊き込み、ほうれん草と大根の和え物、らっきょうのひふみ漬け、旬のフルーツのデザートを実習しました。

 おなかも身体もポカポカと温まり、心地よいとの感想をいただき、私も嬉しかったです。

   

 善林庵さんの料理教室は今年最後ですが、また来年も7月と10月に開催予定です。今年もご参加くださいました皆様、善林庵さん本当にありがとうございました。来年、再びお会いできることを楽しみにしております。

グルッぺ「やおやの料理教室」10月の様子

 19.20日はグルッぺでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。台風は過ぎ去ったものの、不安定な天候で体調を崩されている方もいらっしゃいましたが、お帰りの際にはお元気になられたようで良かったです。

 

 今回のメニューは、黒米を混ぜたご飯はモチモチに、餅あわの米粉ポタージュは餅あわがまだ収穫されてなく代わりに餅きびで作りました。野菜もたっぷりで食べるスープに、朝ごはんにいいとの感想をいただきました。マクロビ基本食の切干大根と高野豆腐の煮物は醤油だけでも甘く煮上がり大好評。クッキーもナッツのザクザク感が美味しかったです。

 日曜日の参加者さんで喉が痛い方や咳が出るという方がいらしたので、蓮根湯を急遽作って飲んでいただき、蓮根の絞りカスは皆さんの提案でタージュに入れました。無駄が出なくてホント良かったです。

 

 来月は、グルッペ荻窪店の収穫祭が第三土曜日にありますので、やおやの料理教室の土曜日は第二土曜日に変更になります。ご注意ください。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

グルッぺ「薬膳料理教室」10月の様子

今日はグルッペで薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回のテーマは気虚、それに対応する薬膳と薬茶、食後のお話しという内容でした。

薬茶は補気作用のある甘酒にして、桂枝や抹茶、ココア、生姜を用意して皆さんのファーストイメージのものをプラスして試飲しました。試飲後、プラスした食材を調べ自分の身体に合っていたか、を聞くと皆さんビンゴとのこと。皆さん身体の声を聴けていて素晴らしい!

 

皆さんからもさまざまな話題があり、存分にコミュニケーションが取れて楽しい時間を過ごすことができました。皆さんに感謝です。

この薬膳料理教室は、年に4回開催していて今年の分は今回でおしまいです。次回は来年の1月になります。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「やおやの料理教室」9月の様子

 昨日と今日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。猛暑も収まって湿気も少なくなり過ごしやすい中での料理教室でした。

 

 今回のメニューは、あまり時間もかからずに楽にできて時間がたっぷりあったので、両日ともに皆さんとコミュニケーションを取りながらたくさんお話ししました。楽しいひとときに感謝です。

 きつね丼はねぎと油揚げにダシ醤油が染みてご飯とよく合い、味噌汁に入れたトマトの美味しさにビックリ!、ひじき蓮根はふわっと煮上がって大好評でした。デザートは、柿がちょっと硬めで私がイメージしていたトロリ感はなかったですが、しっかりした歯ごたえと甘さでこれもまたいいな、と思いました。それから、9月は重陽の節句が9日にあったので菊の花とガリを合わせた酢の物も作りましたよ。

 

 次回は、餅あわでと米粉でポタージュ作ります。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。初めての方もどうぞお気軽にご参加くださいませ、お待ちしております。

「プチ薬膳料理教室」9月の様子

 今日は、グルッぺでプチ薬膳料理教室を行いました。台風前の蒸し暑い中、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回より、料理教室の内容をリニューアルして作る品数も増やしました。と言ってもどれもすぐにできる簡単料理ばかりです。薬膳料理は主に季節の薬膳ですが、お話しの内容は季節の薬膳、プラスその時の状況も判断してお伝えします。

 今日は、黒豆ご飯、餅あわとオクラのスープ、トマトと枝豆と卵の炒め物、キュウリのきんぴらで長夏の薬膳メニューでした。炒め物ときんぴらは特に好評で、ホントすごく美味しかったです。

 

 次回は、10月13日で秋の薬膳料理です。初めての方もどうぞお気軽にご参加くださいませ、お待ちしております。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

善林庵「季節のマクロビオティック料理」7月の様子

 昨日は、いわきの善林庵さんで季節のマクロビオティック料理教室を行いました。当日の明け方に台風の影響で大雨になり電車が動くかどうか心配していた、とオーナー様に気遣われました。雨は午前中には上がりましたが、その後のフェーン現象で気温が34度まであがり汗だくに!そのような中、ご参加いただいた皆様には心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

 今回のメニューは、夏野菜のビビンバ、ズッキーニと餅あわのスープ、トウモロコシの照り焼き、水キムチ、桃のジンジャーシロップ和えの5品です。水キムチは漬け込みの時間が必要なのでお店の方にお願いし、すごく美味しい水キムチを作っておいてくださいました。料理の美味しさに皆さんご満足の様子で私も嬉しかったです。夏こそ、しっかりご飯を食べて夏バテ予防をしたいものですね。

 食後のお話しはマクロビオティックにおける五行説の内容でしたが、皆さん熱心に聞いてくだりその向上心に私も影響され、とても良き学びとなりました。

 

 次回は10月に伺います。また、皆さんにお会いできることを楽しみにしております。善林庵の皆様、お忙しい中いろいろとご準備いただき感謝申し上げます。

 

グルッペ「薬膳料理教室」7月の様子

 今日は、グルッペで薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。今日も蒸し暑かったですが、皆さんお元気で楽しく作業ができました。

 

 今回のメニューは、いろいろな香辛料を組み合わせた薬膳カレーにハト麦・ターメリック入りご飯、サラダにはマヨネーズとヒヨコ豆のディップを添えました。デザートは、スイカとヨーグルト飲料をミキサーにかけたラッシーでした。カレーでおなかポカポカになり、ひと汗かいてラッシーを飲み落ち着いた感じで、とても美味しいと好評でした。

 食後の薬膳の話の際にも皆さんとのコミュニケーションがとれ、楽しい学びになりご満足いただけたようです。次回は、10月9日(水)に開催します。詳しくは、薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「やおやの料理教室」7月の様子

 昨日と今日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。蒸し暑いなか、ご参加いただきましてありがとうございました。梅雨もまだ明けず、湿気で身体もまいってしまう状況です。こういう時は、お腹を温めて香辛料などで発散する料理を食べるといいですね。

 というわけで、今回はカレーのメニューにして良かったです。カレー粉を使ってとろみはジャガイモでつけ、夏野菜を別に揚げ焼きにしてトッピングしました。カレーは、いろいろと調味料を加えると複雑になって美味しくなります。ターメリックライスと共にいただきました。マクロビオティックの基本食、小豆かぼちゃは甘味料なし塩だけの調味料で作りますが、かぼちゃの甘さが引き出されていてホッとする美味しさでした。豆腐のみそ漬けをトッピングしたサラダも好評でした。

 いつもながらですが、私は参加される皆さんに助けられています。本当にいつもありがとうございます。8月は、お休みしますので9月の料理教室でお待ちしています。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

ピクルス作る

 

 

ピクルス作りました。

 

裏側には人参も入ってます。

 

今月のグルッぺのやおやの料理教室でご試食いただけます。

 

料理教室のお申し込みは、グルッペ荻窪店03-3398-7427まで

お願いします。20日土曜日まだ空きがありますのでお待ちして

おります。

 

夏野菜のカレー、美味しいですよ!

 

調布「今を生きる料理教室」新生姜漬けの様子

 

 

 昨日は、調布のgalleryCafe鈴や商店さんで新生姜の甘酢漬けと梅雨の薬膳料理教室を行いました。雨の中ご参加いただきまして、ありがとうございました。

 

 皆さんと共に新生姜でガリを作ってそれぞれお持ち帰りいただき、さらに梅雨の薬膳メニューで身体もスッキリになりました。

 

 新生姜を仕込む際に湯通しするのですが、そのお湯に甘味をつけてホットジンジャーティーができます。昨日は雨で梅雨寒だったので皆さんで試飲してお腹がぽかぽかになりました。飲み切れない分は、お風呂に入れてもいいですね!なるべく捨てずに有効利用したいものです。

 メニューは、ハト麦入り生姜ご飯、アスパラと黒豆の味噌汁、春雨サラダ、水無月です。利水効果があり、あまり身体を冷やさない食材を選びました。どれも美味しいと好評でした。

 

 次回は、9月9日(月)に開催予定です。詳しくは料理教室のご案内

 をご覧ください。お申し込みは、この会を主催してくださっているアオアクア治療院、または鈴や商店さんにお願いします。

品川食育カフェ「新生姜の梅酢漬け」の様子

 今日は、品川で新生姜の梅酢漬けと料理教室を行いました。この会は、やすら木治療室さんからの依頼で親子でご参加の方々もお見えになります。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 先ずは、新生姜で梅酢漬けを作りホットジンジャーティーも試飲し、お好み焼き(写真左側)を焼きました。さらにジンジャーシロップ(写真右側)を作ってジンジャーエールとバニラアイスにかけていただきました。美味しいと皆さんからの感想が嬉しかったです。

 次回は、11月24日(日)に醤油麹を作ります。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。お申し込みは、やすら木治療室までお願いします。

グルッぺ「やおやの料理教室」5月の様子

 昨日と今日は、グルッぺでやおやの料理教室を行いました。たくさんの方にご参加いただき感謝申し上げます。

 

 今回のメニューは中華で短時間にできあがり、皆さんも楽だったと思われます。ご飯には雑穀を炊き込み、スープはニラにさっと火を通すくらいなので最後に仕上げ、八宝茶は高野豆腐を揚げたものと野菜たっぷりに、マーラーカオは醤油を加えて味のアクセントにしました。どれも美味しいとのことでしたが、特にマーラーカオは皆さんに評判が良かったです。

 

 次回は、6月15日・16日に開催します。マクロビオティックの基本食、ひじきこんにゃくは必見ですよ、皆様のご参加をお待ちしております。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

「薬膳食養講座」「プチ薬膳料理教室」の様子

 5月は、第一日曜日がゴールデンウィーク中だったので薬膳食養講座を第二日曜日の昨日開催しました。午後からはプチ薬膳料理教室でした。ご参加いただいた方には感謝です。ありがとうございました。

 

 薬膳食養講座は、秋の薬膳の内容で薬茶も秋に対応した潤すお茶にしました。幸い昨日は、そんなに湿気もなかったので違和感なく薬茶を飲めました。次回は、この講座の最終回で冬の薬膳です。皆様のご参加をお待ちしております。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

 

 午後からはプチ薬膳料理教室で、ボンゴレビアンコ、旬野菜とモッツァレラチーズのサラダを実習しました。大ぶりのアサリと白ワインで本格的なパスタ。サラダのモッツァレラチーズは手で裂くと食べやすくなるしドレッシングもからみやすくなります。どちらもとても美味しいと好評でした。

 次回は、6月9日(日)で開始時間は通常の11時からとなります。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております。

「薬膳料理教室」5月の様子

 昨日は、グルッぺで年4回開催している薬膳料理教室でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。

 

 薬膳メニューは、初夏をメインに来月の梅雨も少し意識した内容です。そして、イタリアンにしました。薬膳なのにイタリアン??と思うかもしれませんが、その土地で採れた旬の食材の効用を使えばどの国の料理でも薬膳になると私は思います。食は楽しむものですから!いいのです。

 アスパラとシラスのパスタは塩が決め手、最後に黒コショウを振ってアクセントにしました。ヒヨコ豆とキャベツのスープは、豆の甘さを活かして塩味と最後に薄口醬油で香り漬けしました。鯛の昆布締めカルパッチョは、鯛に昆布の旨みが移り身も水分がほどよく抜けてねっとりとなっていました。モヤシとナッツのサラダは、あっさりとしたモヤシにナッツとレーズンがアクセントに。デザートは、レモンシロップを作ってタピオカやバナナ・キウイなどのフルーツと共に仕上げました。パスタの塩加減や他の料理との組み合わせが皆さんに好評で、とても美味しかったです。食後のお話しは、体質別の説明をしました。

 

 次回は、7月24日(水)に薬膳カレーなどの予定です。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。美味しく食べて楽しく薬膳を学びましょう。皆様のご参加をお待ちしております。

5月の薬膳料理の試作

 

5月8日(水)に季節ごとの薬膳料理教室があります。

 

そこで、パスタと鯛のカルパッチョを試作しました。今回はイタリアンで薬膳料理です!

 

パスタはアスパラガスの味の濃さと新玉ねぎの甘さ、シラスの塩気が絶妙です。鯛は昆布締めしたものを使っているのでうま味がのって美味しいですよ。

 

当日は、他にヒヨコ豆スープ、モヤシとナッツのサラダ、タピオカとフルーツのデザートも実習して盛りだくさんです。

 

まだ、料理教室は受け付けておりますの皆様のご参加をお待ちしております。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

 

 

グルッペ「やおやの料理教室」4月の様子

 昨日と今日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。今回は、初参加の方もいらして楽しかったとの感想をいただきました。

 

 今回は、筍をちらし寿司にしたりお吸い物にしたりと春を満喫しました。やはり、筍は生を茹でて使った方が香りと味を堪能できるので出回っているうちに一度は調理してみてください。餅きびのハンバーグは軟らかくてちょっと扱いにくいという難点もありましたが、焼き上がった味は玉ねぎの甘さが効いていて美味しかったです。デザートのガルバルジーは、皆さんでいろいろアレンジ方法の意見を出し合いました。今回も美味しくて楽しい料理教室でした。

 

 次回は、5月の18・19日です。中華をマクロビオティック料理で作りますよ。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。皆さまのご参加、お待ちしております。

「プチ薬膳料理教室」4月の様子

 今日は、グルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は旬の筍を全ての料理に使いました。胚芽米に筍と人参・油揚げ・山椒を炊き込み山椒の香り高いご飯に、筍のかきたま汁には筍の根元の硬い方を千切りにして使い、筍や人参・ヒジキを豆腐で和えた白和え、あとは残った野菜でバルサミコ酢のサラダを作りました。筍の味を活かすためにも薄味で仕上げ、とても美味しく出来上がり参加者さん共に大満足でした。写真の左側はご飯が炊きあがったところです。

 

 次回は、第二日曜日は変わらずですが開始時間が13時となります、どうぞご了承ください。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております。

「薬膳食養講座」8回目の様子

 今日は、グルッペで薬膳食養講座を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は、夏と長夏の薬膳の内容でそれぞれの養生法や食材の選び方、調理法など説明しました。また、季節の薬茶は夏など暑い時期にカゼをひいたときに飲むと良いお茶を試飲していただきました。

 次回の第一日曜日は、ゴールデンウィーク中なので第二日曜日の12日に開催します。開始時間は変わらず11時とからとなりますので、興味ある方、初めての方でもお気軽にご参加くださいませ。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

グルッペ「やおやの料理教室」3月の様子

 一昨日・昨日とグルッぺでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は洋風メニューでした。ドリアのホワイトソースもバナナケーキも植物性のみで作っているので、カロリーダウンとなり食べた感じも軽いとの感想をいただきました。ホワイトソースや旬野菜・バナナケーキの優しい甘さが体も心も癒してくれる滋養のある食事で、皆さんもホッとしたご様子でした。

 食後のお話しは、マクロビオティック料理の特徴として野菜の洗い方や切り方、陰陽などわかりやすく説明しました。皆さんに納得いただけているといいな、と思います。

 

 次回は筍を使ったメニューの予定です。シンプルで美味しく楽しい内容となっておりますのでお楽しみに!詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

グルッぺ「プチ薬膳料理教室」3月の様子

 

 今日は、グルッぺでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は、補気・補血作用のブリを使って照り煮と菜花とサツマイモの味噌汁を作りました。さらに、からし菜のお浸しと柑橘のはるかという果物も召し上がっていただきました。

 食後に五行を使って春の薬膳の内容を説明し、初参加の方にも好評でした。

 

 次回は、4月17日に春の薬膳をさらに深めていきます。皆様のご参加をお待ちしております。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

「薬膳食養講座」7回目の様子

今日は、グルッぺで薬膳食養講座を行いました。冷たい雨の降るなかご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回から季節の薬膳に入り、今日は春の薬膳の内容でした。春の特徴と養生方法を五行説もふまえて薬膳の意味や作り方など、質疑応答を交えながらすすめました。写真は、季節の薬茶と桜餅です。今日は雛祭りだったので桜餅を作り、おみやげにしました。

次回は、4月7日(日)夏・長夏の薬膳を行う予定です。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

グルッペ「やおやの料理教室」2月の様子

 昨日、今日とグルッペでやおやの料理教室を行いました。昨日は気温が上がったけれど午後は冷たい風が吹いたり、今日は晴れてもまだ寒さもあったりの春の気候の中、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回のメニューは、もち麦のプチプチ食感が楽しい五分搗きご飯、大豆をミキサーでピューレ状にした呉汁(味噌はくらし塾で仕込んだ黒豆味噌を使用)、練りごまのドレッシングのそばサラダ、植物性のカスタードクリームを応用したオレンジクリームにふんわりスポンジ生地を重ねたデザートでした。どれもこれも美味しいとの感想をいただきました。試作した時よりも美味しくできて私も嬉しかったです!

 マクロビオティックの陰陽のお話しは、皆さん興味深く聞いてくださいました。これからも深めていきますので楽しみにしていてくださね。

 

 次回は、豆乳クリームで作るドリア、新玉ねぎのあま~いスープなどです。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

皆さんと美味しいご飯を楽しく作ります、ご参加をお待ちしております。

グルッペ「プチ薬膳料理教室」2月の様子

 今日は、グルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。雪も降らず晴れて良かったです。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は春の薬膳を実習し、メニューはカジキマグロと陳皮の炊き込みご飯、蓮根団子と棗のスープ、それからスナップエンドウに酢麹のドレッシングがけをおまけに作りました。薬茶は金柑と枸杞子のお茶です。

 カジキマグロは、疏肝理気の働きがあるため春の食材として最適です。ソテーだけではなく、炊き込みご飯にしても美味しいですよ。蓮根団子はもっちりしていてお餅みたいな食感でした。それから、自家製のたくあんができたので試食していただきました。全て美味しいと好評でした。

 

 次回は、3月10日(日)に開催します。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「薬膳料理、春の薬膳」2月の様子

今日は、グルッペで薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

春満載のメニューです。

マグロの五色ご飯、ハマグリのお吸い物、春野菜の柑橘(今日はネーブル)ドレッシング、茶碗蒸し・セリの葛あんがけ(上の湯呑)と写真にありませんがイチゴの豆乳ムースを実習しました。

祝い膳にも使えそう!キレイ!野菜がいっぱい!と華やかな食卓になりました。いただきます、の後のひと口目は皆さんそれぞれですが、ほうっと一息つく感じで全体がやわらかい雰囲気になります。美味しいのですよ、とっても。

 

食後は、春の薬膳と養生の内容を深めました。有意義な時間でしたね、皆さんに感謝です。次回は5月8日水曜日です。内容などはもう少しお待ちください。

調布「今を生きる料理教室」味噌作りの様子

 今日は、調布のgalleryCafe鈴や商店さんで毎年恒例となった味噌作りと薬膳料理を作りました。たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

 

 先ずは、皆さんで味噌を仕込んでから薬茶で一息入れ、料理を2品実習しました。玄米を混ぜたすいとん生地のすいとんは野菜の甘さが生きたホッとする味わい、青菜と焼き油揚げのおろし和えは青菜が軟らかく甘く、焼いた油揚げの香ばしさがアクセントになっていました。デザートのミルクゼリー柑橘添えは、ゼリーのフルフルした食感が口の中でとろけて最高に美味しかったです。

 各自作った味噌はお持ち帰りして後はご自宅で寝かせるだけ、途中の天地返しもいらないのです。味噌は、10月頃に出来上がるのでどうぞ楽しみにお待ちくださいね。

 

 次回は、6月24日に新生姜漬けを行います。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。お申し込みはこの会を主催してくださっているアオアクア治療院内田先生までお願いします。

「薬膳食養講座」6回目の様子

 今日もグルッペに行き、薬膳食養講座を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は、前回に引き続き身体の臓腑の働きの後半を説明しました。薬茶を飲んでリラックスしてから講義を始めるのですが、リラックスし過ぎも禁物ですね。何事もほどほどが大事と改めて思った次第です。以後、気を付けます。

 薬膳の基本である中医学を大まかにですがひと通り終わったので、次回からは季節の薬膳の内容に入ります。一年の内で春は要注意の季節ですが、3月の内容は春の薬膳ですからタイムリーでわかりやすいと思います。単発でも大丈夫なので、ご参加をお待ちしております。

 

 今日は節分ですね。豆をまいて冬の陰を追い払い、春を迎えましょう。

グルッペ「くらし塾」味噌作りの様子

 

今日はグルッペで味噌作りを行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今年は、大豆に米麹、ゆり根などを入れた味噌を仕込みました。大豆やゆり根をつぶしてお団子を作り、容器の中に思いっきり投げ入れる!楽しい作業です。

10月頃に味噌が出来上がるので楽しみですね。料理教室で味噌のお披露目しますのでそちらの方にもご参加お待ちしております。

 

今回の試食は、カブ・ブロッコリー・ビーツを蒸して、菜花はさっと塩茹でしました。それに味噌ドレッシングと去年仕込んだ黒豆味噌と青大豆味噌を添えました。味噌が野菜の甘さを引き立てて美味しかったです。

グルッペ「くらし塾の味噌作り」ご案内

 グルッペ荻窪店で開催する味噌作りのお知らせです。料理教室のご案内ページにも詳細がありますが、改めてのお知らせです。

 手作り味噌を召し上がったことありますか?友人から頂いたものでも美味しいですが、自分で作るとホントに美味しいです。手前味噌という言葉が実感できますね。味噌作りのポイントは、じっくり熟成していく味噌を「待つ」ことです。何もかもが早くと追い立てられる現代において逆行していることかもしれませんが、これがあるから走り過ぎないゆとりをもたらしてくれる感じがして、私は、とても大事だと思っています。

 しかも、味噌を仕込む作業は楽しく、自分の中で達成感がうまれます。そして、私が紹介する味噌作りはできあがるまで何もしなくていいのです。途中の天地返しも必要なく、カビない!のが最大の特徴ですよ。

 当日は、皆さんで実際に味噌を仕込み、後はグルッペに保管するため当日のお持ち帰りはありません、ご了承ください。

味噌は、今年の10月ころに出来上がる予定なのでそれ以降、各料理教室でご試食いただきます。また、当日は味噌ドレッシングを作り、グルッペの美味しい野菜でサラダにします。おまけに私が去年仕込んだ青大豆の味噌と黒豆の味噌の試食もあります。まだ、お席に余裕があります。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。お申し込みは、お問い合わせからでもお受けいたします。2月2日と日にちがせまっておりますが、皆様のご参加お待ちしております。

品川食育カフェ「味噌作り」の様子

 今日は、食育カフェで味噌作りと料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。また、この会の主催者であるやすら木治療室の横山先生に感謝申し上げます。

 

 先ずは皆さんで味噌を仕込みましたが、今回はゆり根を茹でて大豆に混ぜ、一緒につぶして米麹と混ぜて作りました。ゆり根は精神安定の働きがあるので、美味しさプラスほっとする味噌ができあがることでしょう。今年の10月頃には食べられるので楽しみです。

 味噌の仕込みの後はお料理を二品実習しました。味噌入りチーズフォンデュにさつま芋や大根などの蒸し野菜、大根とセロリのスープ。皆さんから美味しいと好評でした。

 

 次回は、6月23日に新生姜の梅酢漬けを作ります。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

 

グルッペ「やおやの料理教室」1月の様子

 19日・20日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。たくさんの皆さんにご参加しただきまして、ありがとうございました。

 

 今年のテーマは「マクロビオティック」 やおやの料理教室は今までもマクロビオティック料理を実習してきましたが、その思想も改めて学ぶことにしました。毎回、マクロビオティック陰陽などを深めていきたいと思います。

 1回目の今回は、マクロビオティックの創始者である桜沢如一先生の紹介をしながらの内容でした。メニューは、小豆入り玄米粥、野菜のかぶら蒸し、きんぴらごぼう、アップルクリスプと滋養あふれる味わいの基本的料理。特にきんぴらごぼうは、炒めてから煮て軟らかく仕上げる方法でマクロビオティック料理の代表的な基本食です。ほっこりと心身ともに癒された料理でした。

 次回はマクロビオティックの陰陽のお話しです。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております。

アップルクリスプ

 

熱々を頬張っても美味しい、冷めても美味しいアップルクリスプ。

たっぷりのリンゴの上にクリスプ生地をのせて、しかもナッツザクザク入れて焼き上げたデザート。材料を混ぜて焼くだけの簡単レシピ!

 

これは、今週の土日(19・20)にやおやの料理教室で作りますよ。食べてみたい方、作ってみたい方はご参加お待ちしております。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。お問合わせからでもお申し込みを受け付けております。

 

*アップルクリスプは焼き時間が長いので、この容器で試作してみました。10分短縮でき、45分で焼きあがりました。

料理教室では、耐熱ガラスの容器を使います。

「薬膳食養講座」「プチ薬膳料理教室」の様子

 昨日は、午前に薬膳食養講座を午後にプチ薬膳料理教室を行いました。各教室にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。そして、昨日は私の今年の仕事始めでもあり、最初が肝心と抜かりないはず、でしたが・・料理教室である食材を入れ忘れ最後の方に加えるという体たらく。今年こそは忘れまいぞ!と臨んだにも関わらず困ったもんです。以後気を付けようと自分に言い聞かせた次第です。

 

 さて、午前は薬膳食養講座の5回目「体と臓腑の働き①」の内容の講座でした。いつものように最初に季節の薬茶を飲みリラックスした雰囲気で始めました。中医学ならではの特有の解釈を含めて説明いたしました。次回は、この内容の後半を行います。単発のご参加でも大丈夫です。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

 

 午後は、プチ薬膳料理教室でした。冬の養生の説明と料理二品を実習、季節の薬茶の試飲をしていただきました。今は、寒さが極まっている状況なので、お茶もスープも特に身体が温まる食材を選んでいます。メニューは、餅入り海鮮紅花スープとカブと陳皮の酢麹和えで、作りやすかったことと美味しかったこと、そして身体がとても温まったと好評でした。

 次回は、3月10日(日)の11時からですが、メニューはもう少しお待ちください。立春を過ぎているので、春を意識した内容になります。皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

プチ薬膳料理教室でのメニュー写真

 

写真には写りませんでしたが、スープにはエビ・カキ・生タラ・白キクラゲなどたっぷり入ってます。

 

カブの酢麹和えは、麹の働きで酢のカドが取れ甘さも増していて、さらにカブの甘さが際立ちました。後ひく美味しさです。

グルッペ「やおやの料理教室」12月の様子

 昨日と一昨日は、グルッぺ荻窪店でやおやの料理教室を行いました。寒い中、ご参加いただきありがとうございました。

 

 今回はパーティーメニューにしました。中でもデザートのブッシュドノエルはスポンジ生地を焼く、冷ましてからトーフクリームを塗って巻きなじむまで置く、最後に外側にトーフクリームを塗ってフォークで木の筋をつける、と3段階に分けての作業だったので大変でした。卵を使わないスポンジ生地を巻くと割れることが多いので、私としては割れないスポンジ生地を作ることが最大の課題でした。何枚焼いたかな~?材料の分量を細かくやり直し、やっと納得できたのはなんと料理教室の前日!もっとゆとりを持ちたいとつくづく思いました。

 そのかいあって、両日ともに生地も割れずきれいなブッシュドノエルが完成し、私は心からホッとしています。当たり前のことですが、準備は怠らずしっかりと、を肝に銘じてこれからも精進してまいります。

 他のライスボール、白菜の豆乳スープ、バーニャカウダも美味しくできて皆さんにご満足いただけました。皆さんの感想は「このメニューに肉がないんですよね、でもなくても満足」「ライスボールの中に入れた豆腐の味噌漬けのみそ味がトマトライスとマッチしている、美味しい」「豆乳スープの白菜がとろけていてうまい」「バーニャカウダをイワシでなく木の実でも、アリ」「ブッシュドノエル、美味しい~~でもトーフクリームだからお腹いっぱい」とさまざまでした。私は、いろんな声が聞けて嬉しかったです。皆さん、ありがとうございました。

 次回は、年明け1月の第三土曜日と日曜日です。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

 

 この料理教室が、私の今年の仕事収めとなりました。各料理教室にご参加くださいました皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。忘れっぽくてミスも致しますが、今後ともしっかり料理教室を務めてまいりますので来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

グルッペ「薬膳料理、冷え性」12月の様子

 昨日は、グルッペで年4回開催している薬膳料理教室を行いました。今回は、冷え性のための薬膳。料理を実習し、食後は冷え性を中医学の観点から検証してみました。

 

 今回のメインは、海鮮粥(写真下左)生米から土鍋でお粥を炊き、あんかけにエビ・ホタテ・タラ・カキをたっぷり使いました。もちろん、お粥のベースにも貝柱などの乾物を入れたので、全体に海鮮の味わいが楽しめました。味噌汁(写真下右)には、黒豆と根菜を入れて手作り味噌で仕上げ、大根に陳皮を入れた浅漬け(写真上右)。さらにデザートはクルミあんと白玉団子を合わせてお汁粉にしました。写真では、白玉団子が沈んで見えませんが2コ入っていて量もちょうど良かったです。

 皆さんの感想は、美味しい・身体があったまった、特にお腹の中がポカポカしてきた、とのことでまさに冷え性対策のメニューでしたよ。食後の冷え性の話も皆さんからご質問もいただき、充実した時間となりました。

 

 今年の薬膳料理は今回でおしまいです。皆様、ご参加いただきまして心より感謝申し上げます。来年も続けて開催しますので、どうぞよろしくお願い致します。次回は、2月6日(水)の予定です。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

調布「今を生きる料理教室」冬の薬膳

 昨日は調布のgalleryCafe鈴や商店さんで料理教室をさせていただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。そして、この会の主催者であるアオアクア治療院の内田先生にも感謝申し上げます。

 

 今回は、陶芸家の中山先生が作成してくださった黒の平皿がお土産で付きました。黒は料理を引き立ててくれるので、使い勝手がいいですよ。

 身体を温めるメニューで、蓮の実ご飯にパンプキンスープ、車麩のフライに手作りマヨネーズ、さらにタルタルソースを添え、白玉団子にモンブラン状に栗のクリームをたっぷり絞りました。美味しいとの感想をいただき、私たちも嬉しかったです。

 

 今年はこれで終わりですが、また来年も予定しておりますのでどうぞよろしくお願いします。本年もたくさんの皆さんにご参加いただき、ありがとうございました。

 

グルッペ「薬膳食養講座」4回目の様子

 もう、12月ですね。今日は薬膳食養講座の4回目を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は五行説がテーマです。先ずは、季節の薬茶として生姜入り紅茶で身体を温め、リラックスしてから五行の内容に入りました。参加者さんとのやり取りで進める講座は楽しいものです。

 薬膳の基礎である中医学はなかなか理解しにくく難しいと感じてしまうため、この講座では、わからないことはすぐにご質問していただくような雰囲気作りを心掛けています。初めての方や単発でのご参加でも大丈夫!お気軽にお越しください、お待ちしております。

 

 次回は1月なので、第一日曜日でなく第二日曜日の13日になります。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。中医学からみる臓腑の関連性は面白いですよ。

調布料理教室のお知らせ

 12月3日の月曜日、調布の鈴や商店さんで冬の薬膳料理教室があります。今回は、陶芸家の先生がこの教室のために作成してくださった器に料理を盛りつけ、さらに器はお持ち帰りいただけます。

 料理実習では、車麩を煮てプルプルにしてフライにするとカキフライのような食感に、それに手作りマヨネーズ、プラスタルタルソースにするのでとっても美味しいし、まるでレストランのようです。デザートは、生の栗を使ったモンブランでベースをスポンジでなく白玉団子にしたので気軽に作れます。

 今回は、器が付きますので会費が9000円と通常より高いのですが、ご満足いただける内容になっております。場所は京王線の柴崎駅から徒歩5分ほどのカフェ「鈴や商店」時間は10時から13時の予定です。お申込みはお問合せ料理教室のご案内のアオアクア治療院までお願いします。

器は黒の平皿です。写真がよく写ってなくてごめんなさい。白玉モンブランの写真もご覧ください。

グルッペ「やおやの料理教室」11月の様子

  今月は第三土曜日にグルッぺ荻窪店の秋祭りだったため、土曜日の分は第一に振り替えました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は、甘い野菜のスープ、いなり巻き、コロッケ、パイと手の込んだものばかりになってしまい、時間も押してしまって申し訳ありませんでした。

 甘い野菜のスープは優しい味、と皆さんほっこりされていました。パイはバターを使わないのにパイのように層ができていてビックり!さらにノンシュガーなのに満足できる甘さで皆さんに好評でした。

 コロッケを作ると水で溶いた粉やパン粉など少々余ったりしますが、それも最後混ぜてお焼きにしていただきました。まさに始末の料理ですね。食材を無駄にしないこと、私はこれを参加者の皆さんと共に大事にしています。

 作業が多くて皆さんお疲れになったと思います、本当にありがとうございました。

 

 昨日の第三日曜日は通常にやおやの料理教室を行いました。両日ともに楽しい時間でしたね、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 やはり、甘い野菜のスープは皆さんにとって、今、必要としているスープだったような感じでした。最初にスープをおすすめして飲んでいただきましたが、何かふっと溶けてリラックスし会場の空気が柔らかくなり心地よい雰囲気になったのです。もちろん、料理中も楽しくて良い雰囲気なのですが、浄化されるような、そんな感じでした。

 今回も土曜日と同じように時間がかかってしまい、申し訳ありませんでした。

 

 さて、来月は年末でグルッぺのお店が慌ただしくなるため、第二土日曜日になります。詳しくは料理教室のご案内をご覧のうえ、お申し込みください。よろしくお願いします。

グルッペ「プチ薬膳料理教室」11月の様子

 昨日はグルッぺ荻窪店でプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 冬の薬膳のテーマで実習しました。メニューは鶏の薬膳スープ、山芋とキャベツのお焼きを作り、薬茶は杜仲茶でした。

 写真ではわかりにくいですが、お焼きはキャベツたっぷり、さらに山芋の効果で軟らかい生地になり、1枚ペロリと食べられる軽さです。スープは鶏肉の甘さ、棗の甘さも加わって全体的にほわりと甘いスープになりました。

 食後は、冬の薬膳を五行を使って説明しつつ皆さんからも質問も受けてコミュニケーションを取り、楽しいひと時でした。

 

 12月は月の前半に料理教室が立て込むため、来月のプチ薬膳料理教室はお休みさせていただきます。また、来年の予定は改めて薬膳料理教室のご案内にお知らせいたしますので、しばらくお待ちくださいませ。

 

くらし塾~麹いろいろ~のお知らせ

今月の11日、日曜日にグルッぺ荻窪店の3階で午後1時から3時までくらし塾を開催します。

 

只今、発酵中の醤油麹と酢麹の写真です。すこぶる順調です!

当日は、これらを実習してさらに試食もあります。他に塩麹の実習もあり、お手製の塩麹は市販されているものとひと味もふた味も違って美味しいですよ。これらの麹を使ったドレッシングを旬野菜と共に試食していただきます。

さらにさらに、甘酒の試飲もあります。甘酒は作るのに時間がかかるため、あらかじめ私が作ったものを持参し作り方のレシピを説明いたします。

 

参加費を1500円とリーズナブルな価格にしているため、当日皆さんで作った麹類のお持ち帰りはありませんが、試食はありますことをご了承ください。詳しくは料理教室のご案内をご覧の上、お申し込みください。グルッぺ荻窪店に電話か当ホームページのお問い合わせからご連絡くださいませ。皆さんのご参加お待ちしております。

善林庵「季節のマクロビオティック料理」10月の様子

 28日は、いわきの善林庵さんで季節のマクロビオティック料理教室を行いました。たくさんの方にご参加いただき、心より感謝申し上げます。また、主催してくださった善林庵のオーナー様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 今回のメニューは、蓮の実入りご飯、長芋のスープ、車麩のすき焼き、蓮根の甘酢和え、リンゴのクルミあん和え(写真無し)の5品を実習しました。さらに、豆腐の味噌漬けを私が持参して皆さんに試食していただきました。写真は地味ですが、食べてみると心に染みわたる味です。皆さんに好評でしたよ。食後に五行説などのお話しをしましたが、皆さん熱心に聞いてくださり私もやりがいがありました。ありがとうございました。

 

 善林庵さんの今年のお教室は今回が最後ですが、来年の7月と10月にも開催予定となりました。今まで同様、旬の野菜や食材を使った穀物菜食の内容ですすめて参りますので楽しみにしていてください。

グルッペ「やおやの料理教室」10月の様子

昨日と今日は、グルッペでやおやの料理教室を行いました。両日共に満席!ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回は、参加者さんのリクエストでおはぎを作りました。玄米のうるち米と餅米を混ぜて炊いて半搗きにし、塩のみで味付けしたあんこで包み食事仕様に。小豆の煮方、塩加減が最適でした。豆腐で作るシュウマイ、栗あんを入れたココアカップケーキも美味しいと好評でした。

 

*お詫び

土曜日に参加された皆さんへ。和菓子の話で「亥の子餅」のことを説明しましたが、それは間違いでした。亥の子は11月ごろ和菓子屋さんに並ぶお菓子です。申し訳ありませんでした。

 

来月はグルッぺ荻窪店で収穫祭があるため、第三土曜日を第一土曜日に振り替えました。ご確認の上、お申し込みくださお。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「プチ薬膳料理教室」10月の様子

 昨日はグルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回のテーマは秋の薬膳

メニューは、黒豆と松の実入り玄米ご飯、根菜のクルミ味噌汁、さらに余った食材で大根と人参の浅漬けを作りました。

一汁一菜のシンプルメニューですが、玄米ご飯と具だくさんの味噌汁で満足度の高い食事でした。玄米ご飯のプチプチ食感とクルミ味噌のコクで美味しいと皆さんに好評でした!

薬茶は、杏仁粉と豆乳のお茶でこの時期にふさわしいお茶です。ほんのり甘くてほっとする味わいでした。

 

来月は11月11日(日)で、時間も10時からになります。ご了承ください。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「薬膳料理教室、美肌」10月の様子

昨日はグルッペで、年4回開催の薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

テーマは美肌。

それに関する薬茶とメニューを皆さんで作って試食しました。

写真の右端から時計まわりに生姜と松の実ご飯、豆腐と椎茸の薬膳人参スープ、豚肉のプルーン煮、ホウレン草とヒジキの白ごま和え、梨と巨峰の柚子酢和えです。

スープの人参は、オタネ人参(高麗人参)を使ったので食後身体の芯からポカポカと温まって心地よかったです。

食後のお話しも美肌、美容に関する内容がかなり盛り上がって皆さんとディスカッション形式になり、楽しかったと感想をいただきましたよ。

 

次回は12月5日に冷え性がテーマです。詳しくは薬膳料理教室のご案内をごらんください。お待ちしております。

「薬膳食養講座」2回目の様子

今日は薬膳食養講座をグルッぺ荻窪店で行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回は中医学の大元になる易の内容ですが、易はとても奥が深いため薬膳や私たちの日常に関する事柄をピックアップして話しました。方角や時間、暦、毎月の行事など易が基本になっているとは!知ってよかった、と参加者さんから感想をいただきました。私も話していて楽しかったですよ。

 

さて、来月は陰陽の内容になります。陰陽は同じ食べ物でも陰陽が逆になっていて困ることありませんか?なぜ、そうなるのかも説明しますので、特にマクロビオティックを習われた方は必見です。皆さんのご参加をお待ちしております。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

 

この写真は、今回の薬茶「桂花茶」です。桂花はキンモクセイのことで、季節がらちょうど良く香り高いお茶です。

グルッペ「やおやの料理教室」9月の様子

昨日、今日とやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回のテーマは十五夜。

玄米にきのこを炊き込み、餅きびでおまんじゅうを作ってお月様に見立てたお椀、箸休めの白菜と蓮根の和え物は酢醤油ですっきりとした味にして、あとはお月見団子を作りました。まんじゅうに団子にと手作業が多かったのですが、皆でおしゃべりしながらの作業は楽しいものですね。参加者さんからしみじみと美味しいと感想をいただきました。そして、月見椀はまるで料亭で出てくるような感じの見た目と味わいで好評でした。

 

次回は10月20日と21日(決定)で、予定ではむかごご飯でしたが玄米おはぎに変更になりました。どうぞ、ご了承ください。他のメニューは予定通りです。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「プチ薬膳料理教室」9月の様子

 

 今日はグルッペでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回のテーマは長夏の薬膳で利水作用と健脾する食材を使ったメニューでした。アサリと枝豆のあんかけご飯とキャベツと棗のスープ。さらに残ったキャベツと人参・生姜で浅漬けを作りました。ご飯には塩麹漬け玉子をトッピングし、ボリューム満点で皆さんにご満足いただけたようです。

 食後には、長夏の養生方法もお伝えし充実した内容でした。料理をして食事して薬膳の話も聞けて、お得感のある教室です。この教室が気になる方、美味しい薬膳を召し上がりたい方など、どなたでもお待ちしております。

 次回は10月14日に秋の薬膳を開催予定です。詳しくは薬膳料理のご案内をご覧ください。

「薬膳食養講座」1回目の様子

 2日の日曜日は、グルッペ荻窪店の3階で薬膳食養講座を行いました。参加された皆様、ありがとうございました。

 

 この講座も6クール目に入りますが、参加された皆さんに薬膳や中医学の内容をわかりやすくお伝えすることを第一にすすめて参ります。

 今回は、薬膳の基本である中医学を学ぶにあたり、そのバックとなる中国の思想など概論を話しました。最初に写真のクコ入り菊花茶を飲みながらリラックスした感じで、皆さんからも質問を受けコミュニケーションを取りながら講座をすすめました。皆さんから講座の内容がわかりやすかったとの感想をいただき、私もひと安心です。

 次回は10月7日(日)に開催予定で、易の内容も少しありますので面白いですよ。初めての方や単発でのご参加でもOKなので皆さんのご参加をお待ちしております。詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。

 

調布「今を生きる料理教室」ベトナム料理

 昨日は、調布のgalleryCafe鈴や商店さんで料理教室を行いました。とっても蒸し暑い日で、参加者の皆さんと汗をかきながら料理を作り、食べてはさらに大汗をかきでしたが、食べ終わって落ち着くと身体がスッキリとしていました。高温多湿の国ベトナム料理は、日本の夏にピッタリのメニューだとつくづく実感しました。

 

 メニューは、牛肉のフォー、ジーマミー豆腐、塩麹漬け玉子と香味野菜のサラダ、タピオカとココナッツミルクのチェーです。フォーは魚醬のナンプラーで調味しましたが、この味に慣れていない方もあるかと思い食べやすいように他の調味料も使っています。また、パクチーは苦手な方用に青紫蘇とミョウガを用意しました。ジーマミー豆腐は、沖縄の伝統食で葛とピーナッツペーストで作り、よく練り上げたので口当たり良く出来上がりました。サラダにはゴマクリームドレッシングをかけ、チェーにはメロンを合わせ食後のクールダウンになりました。完食すると、もうお腹いっぱいでふぅふぅでしたが、夜にはちゃんとお腹も空き消化の良い食事内容で良かったです。

 

 暑い中、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。また、galleryCafe鈴や商店のオーナー様、この会を主催してださっているao akua治療院の内田先生に心より感謝申し上げます。次回は12月に恒例の陶芸家の中山先生とコラボした内容で開催予定です。

薬膳食養講座9月からのお知らせ

 薬膳食養講座をこの9月から10回に分けて開催いたします。詳しい内容は薬膳講座のご案内をご覧ください。さらに、この講座の内容を補足させていただきます。

 

 特に今年は気象条件が厳しいですね。そのような過酷な状況を何とか乗り切っていくために、薬膳の知識はとても役立ちます。料理はもちろんのこと、東洋医学からみる身体のしくみは興味深く納得することが多いです。体と心に働きかける薬膳の知識は、現代人にとって必要なのではないでしょうか。

 また、ご案内ページの繰り返しになりますが、10回シリーズと言っても連続受講しなくても大丈夫です。ご自身が必要な回だけご参加もお受けします。たとえば、スクールで薬膳を習ったけれど不明な部分を再度習いたい方などで、塾のように使っていただく感じでもOKです。薬膳に初めて触れる方でもなるべくわかりやすく説明いたします。季節の薬茶を飲みながらゆったりとした気分でご参加ください。皆様のご参加をお待ちしております。

グルッペ「やおやの料理教室」7月の様子

 昨日と今日はグルッぺでやおやの料理教室を行いました。猛暑の中ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は、あまり時間をかけずにできるメニューにしました。暑いと火を使う料理は極力短い方がいいと思いまして・・。

冷や汁は胚芽ご飯にかけて、トウモロコシとがんもの含め煮は薄味にしてトウモロコシの味を楽しみ、スイカの皮で浅漬けを作り、スイカ・バナナ・河内晩柑を添えたあんみつです。食欲がないときでも冷や汁はスルスルと食べられるからやはり夏に食べるのがベストですね。皆さんから美味しかったと感想をいただきました。嬉しいです。

 両日ともに料理の質問やさまざまな意見があり、皆さんで話し合えたことがよかったですね。自分たちで食事を作り、美味しく食べてコミュニケーションをとれる、私が目指す料理教室はこれだと改めて思いました。皆さん、ありがとうございます。

 

 8の料理教室はお休みさせていただきます。皆様どうぞ、体調を崩さないようにこの夏を乗りきってくださいね。また、9月に料理教室でお待ちしています。

グルッペ「薬膳料理教室、夏」7月の様子

夏の薬膳料理教室を11日にグルッペで行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

夏の薬膳、プラス近頃の急激な気候変動に対応する養生も内容に取り入れ、皆さんで確認できたので濃い内容となりました。

 

メニューは写真の右上から時計回りに、トウモロコシのグリル、キュウリとスイカの皮の梅肉和え、冬瓜のすり流しスープ、薬膳ジャージャン麺、スイカとココナッツミルク白玉団子のチェーです。健脾・補気・補腎・利水作用と身体を冷やし過ぎないように温性の食材も合わせ、今の状況に適応するための薬膳にしました。全体のバランスも良く、美味しいと好評でした。

 次回は、10月10日に美肌のための薬膳を行います。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

グルッぺ「プチ薬膳料理教室」7月の様子

 

 今日はグルッぺで約1年ぶりにプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 梅雨の薬膳の予定でしたが、梅雨があけてしまったので急遽夏の薬膳に変更。メニューはほぼ同じで冬瓜とエビのトロ~リスープ(写真左側でうっすらエビが見えてます)、トウモロコシとズッキーニの揚げ焼き(トウモロコシ・オクラ・塩トマト・レタスを付け合わせて)シンプルな味ながらとても美味しいとの感想をいただきました。やはり、素材が良いとその味を活かすシンプルな味付けでOKなのですね。

 

 次回は、9月9日の日曜日に秋の薬膳を実習します。メニューなど詳しくはもう少しお待ちください。

品川食育カフェ「らっきょう漬け」の様子

 24日の日曜日は、品川で食育カフェを主催している鍼灸師さんの依頼で料理教室を行ってきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。鍼灸師の横山先生ありがとうございました。

 予定ではカリカリ小梅を漬けることにしていましたが、日程の変更により時期的に小梅がなくなってしまったのでらっきょう漬けにしました。らっきょう漬けは、今回初めて行ったので参加者の皆さんにも良かったようです。そして、らっきょうは漬けただけでなく、生のらっきょうを使った料理も二品(ポテトと豚ミンチのチーズ焼き、緑豆春雨のスープ)を実習し美味しいと大評判でした。漬けたらっきょうも刻んでタルタルソースに入れたり、ドレッシングに混ぜたりと工夫次第でいろいろ使えますね。

 このように伝統食を作るのは手間がかかりますが、それを惜しまず自分のできる範囲で用意しておくとなんでも作れるような気がして心の安定につながります。私はそう感じています。さて、次回は10月14日に今年仕込んだ味噌開けをして、味噌を使った料理を作ります。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

グルッペ「やおやの料理教室」6月の様子

 16・17日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。両日とも6月にしては寒いくらいの気温の中ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回のお手当の飲み物は「梅しょう番茶」だったので身体を温めるのにちょうど良かったです。メニューは高きびを使ったジャージャン麺に青海苔のスープ、アスパラガスを梅肉ソースで和え、デザートは水無月でした。皆さん、高きびを使うのが初めてとのこと、炊き方から実習して炊き上がりを試食しての感想は粒の食感が良く美味しいと好評でした。そして、水無月はモチモチとして甘さもほどよくて美味しかったですね。

 今回も皆さんと共に楽しい時間を過ごし、美味しいご飯を食べられたことに感謝いたします。次回は、夏メニューです。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。*料理写真を見たい方はクリックしてみてね。

続きを読む

調布「今を生きる料理教室」ラッキョウ漬け

 

今日は調布でラッキョウ漬けと季節の薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、galleryCafe 鈴や商店さん、主催してださった鍼灸師の内田さん、ありがとうございました。

 

 ラッキョウ漬けは、まず皆さんで皮をむいて根と茎を切ることから始めました。結構な分量でしたがみんなで作業すると早く、しかも楽しい。漬け方は塩の下漬けなしの簡単な方法で作り、各自お持ち帰りしていただきました。

 生のラッキョウは、スープと新じゃがの煮物にも使い、皆さんから美味しいと好評でした。 

 

 次回は8月にベトナム料理のフォーなどを作る予定です。また、そちらに伺うことを楽しみにしております。

続きを読む

グルッペ「薬膳食養講座」10回目の様子

 

去年の9月から10回に分けて開催してきた「薬膳食養講座」が今日で最終回でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回の内容は冬の薬膳。この暑い最中に冬をイメージするのは難しいですが、これもイメージトレーニングになります。薬膳の元である中医学は、いかにイメージできるかにかかってくるのでちょうど良い機会になりました。

 そして、最終回は簡単な薬膳料理を実習しました。大和芋と貝柱のスープでまさに冬の薬膳ですが、このところの気候の変動を考えると補腎も必要なのでは?皆さんからも美味しいとの感想をいただいたのでこのメニューで良かったと思います。

 

 この講座は、今のところ9月から再開する予定ですが、詳しくは改めて薬膳講座のご案内ページでお知らせいたします。もう少しお待ちください。

善林庵「季節のマクロビオティック料理」5月の様子

 私は昨日、いわきの善林庵さんで料理教室を行いました。たくさんの方のご参加、ありがとうございました。また、オーナーの本間さん、スタッフの皆様のおかげで滞りなく料理教室を終えることができて心より感謝申し上げます。

 

 今回は沖縄料理。そうめんチャンプルーにジーマミードーフ、モズクのスープ、デザートはポーポーです。これらに雑穀入りのご飯をいただきました。

 どれも優しい味で美味しいと好評でしたが、中でもジーマミードーフの滑らかな口当たりと味が絶品とのことで、私も嬉しくなりました。ポーポーの中味は、小豆あんとかぼちゃあんでこれも好評でした。

 食後は、五行説のお話しと皆さんとのコミュニケーションタイムでとっても楽しかったです。

 次回は、10月28日ですが秋の旬野菜を使って中華か?フレンチか?そして、目玉は味噌漬け豆腐です。また、秋に皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

グルッペ「やおやの料理教室」5月の様子

 昨日と今日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。両日ともに満席になり感謝申し上げます。また、キャンセル待ちでお待ちいただいていた方々には申し訳ありませんでした。

 

 今回はニョッキのソース、ポタージュ、パンナコッタに豆乳を使い、シーザーサラダのドレッシングには豆腐を使ったので豆乳祭りみたいになりました。しかし、どれも味わいが違い豆乳の味が前面に出ていないので飽きることなく美味しくいただけました。ニョッキは生地を寝かせたりしないので意外と簡単にできると皆さんに好評でしたよ。

 食後、皆さんからほっとする食事で満足度が高いと感想をいただきまして、私も嬉しいです。マクロビオティック料理は心にまで働きかけて安心感を得られるので、このストレス社会には必要かもしれませんね。

 

 次回は高きびを炊いてみます。興味のある方、料理教室のご参加お待ちしております。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。  写真は向かって左側が1日目、右側が2日目です。

グルッペ「薬膳食養講座」9回目の様子

 昨日はグルッペで薬膳食養講座の9回目を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回は秋の薬膳の内容だったので、皆さんに秋の季節感をイメージしていただきながら講座を進めました。このイメージ力は、中医学や薬膳にとってとても大事なのでそのトレーニングも兼ねています。これを意識できると自然界の環境と身体の関連性が見えてくるため、どのような薬膳を作るとよいのかわかるようになってきます。

 

 さて、次回は10回シリーズの最終回になります。そこで、簡単な薬膳スープも実習する予定です。日時など詳しくは薬膳講座のご案内をご覧ください。皆さんのご参加、お待ちしております。

グルッペ「薬膳料理教室、むくみ対策」5月の様子

今日はグルッペで薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回はむくみ対策のためのメニューと講義でした。まずは、薬茶を飲みホッとしてから調理の実習。そば粉のクレープは皆さんうまく焼けてイイ感じです。完全に丸くならなくてOK,野菜を巻くので見えなくなりますしね。緑豆春雨のスープは鶏肉が決め手の味、黒豆と香菜のサラダにはキャベツの千切りも混ぜることで全体のバランスが取れ、アスパラは茹でずにソテーしたので濃い味わい、メロンゼリーはメロンを丸ごと食べているような濃厚な味でした。美味しいとの声多数、私も励みになりました。

 

お教室終了後、私は尿の出がすごく良かったです。利水作用の食材のおかげですね。さて、次回は7月11日(水)で夏の薬膳がテーマです。メニューなどはもう少しお待ちください。

そば粉のクレープ

 

明後日の9日、グルッペ荻窪店でむくみ対策の薬膳料理教室を開催します。

 

そば粉のクレープに味噌ダレをつけて野菜を巻きます。これが野菜のシャキシャキ感とそば粉の風味で美味しいですよ~。他にスープなど5品作り、むくみ対策の薬茶や食後はその内容のプチ講義もあります。

 

まだ、お席に余裕がありますのでご参加お待ちしております。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。グルッペ荻窪店か当ホームページのお問い合わせまでご連絡ください。