イタリアンのベジタリアンメニュー

カポナータ・ヒエのクスクス添え、グリッシーニ、キドニービーンズのサラダ、メロンとバナナのデザート
カポナータ・ヒエのクスクス添え、グリッシーニ、キドニービーンズのサラダ、メロンとバナナのデザート

 

。。ナチュラルキッチンラボにようこそ。。。

 このサイトは、身近な食材で作る薬膳料理や日本の伝統食、マクロビオティック料理を提案する料理教室をご案内しています。また、ブログでも簡単なメニュー提案をしておりますのでどうぞご活用くださいませ。

 


ナチュラルキッチンラボのブログ


グルッペ「やおやの料理教室」9月の様子

20日の日曜日は、グルッペでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

やおやの料理教室は、マクロビオティック料理を基本にしていていかに野菜料理がメイン料理にできるかを紹介しています。今回も参加者の皆さんがお肉も魚もなくてこれだけ満足できるとは、と驚きのご様子でした。それは、マクロビオティックが陰陽を料理の中に取り入れているためその食事をいただくと自然界の循環とつながり身体が楽になる、だから美味しいのはもちろんですが心もホッとする料理ということだと思われます。

 

今回のメニューは、トウモロコシを丸ごとお米に炊き込んでから実を削いでご飯に混ぜた炊き込みご飯、アボカドとトマトの味噌汁、里芋の揚げ出し、梨のコンポートを実習しました。トウモロコシはもう最後の方ですがお米に炊き込むことで甘さが引き出されすごく美味しかったです。味噌汁にアボカドとトマトを使ったのも意外とイケる味、里芋は先に蒸してから揚げたので作りやすいと評判でした。ちょっと塩気が多めだったので、参加された皆さんどうぞご自分の味に調整してくださいね。

 

 

玄米ランチで身体を整え

 

このところ少し涼しくなってカラダは楽になったけれど、夏の疲れがどっと出る頃でもあるので油断せずに食事を整えたい。

 

私は、季節の変わり目の不安定な時は玄米ご飯を食べることにしている。炊飯器で炊いた玄米ご飯は、もっちりせずサラリと炊き上がるので暑い時でも食べやすいのがありがたい。

玄米は、分搗き米と違って植えると芽が出るからエネルギー値が高く、ビタミン類もバランスよく含まれているので他にいろいろ食べなくても大丈夫なのだ。

 

今日のランチは、玄米ご飯に豆腐とフノリのスープ、ナスとピーマン炒め、塩鮭(ダンナのお弁当の残り)、キュウリとセロリのぬか漬け、奈良漬けの一汁三菜。

ゆっくりと噛みしめていただき、カラダも心も満足のランチだった。

「プチ薬膳料理教室」9月の様子

昨日は、グルッぺでプチ薬膳料理教室を行いました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

今回は秋の薬膳をテーマに薬膳料理を実習し、食後のお話しもそれに沿った内容にしました。

私は、薬膳料理を学び実際に体験していく中で、どの国の料理でも薬膳になるのではないかな、と感じています。だから、今回作ったパエリアも薬膳の考え方に則っていますので、私は薬膳と言えると自負しています。また、そのような柔軟な見方や考え方が面白いし大事なのでは、と思っています。

 

皆さんと共に実習したパエリア、玉ネギとフノリのスープ、カブと梨の塩麹ドレッシングサラダ(予定では柿でしたがまだなくて梨に変更)はどれも美味しいと好評でした。写真左側は、パエリアが出来上がったところでイカは先に炒め、炊く時は外して最後に加えてます。なので、イカが軟らかくて美味しかったですよ。パエリアは2~3人分が1レシピなので2倍量作りました。そこで、せっかくなのでフライパンと鍋炊きの両方で作り、炊き上がりの違いを確認しました。

また、初参加の方々の薬膳を学びたい!という熱意に私も胸が熱くなり、どんな時でもやっていこうと改めて思わされた日でした。

 

次回は、10月11日(日)に行います。詳しくは薬膳料理教室のご案内をご覧ください。

続きを読む