春の薬膳

アナゴご飯、アサリとセリのお澄まし、キャベツとたくあんのサラダ、オレンジクリームのトライフル
アナゴご飯、アサリとセリのお澄まし、キャベツとたくあんのサラダ、オレンジクリームのトライフル

 

。。ナチュラルキッチンラボにようこそ。。。

 このサイトは、身近な食材で作る薬膳料理や日本の伝統食、マクロビオティック料理を提案する料理教室をご案内しています。また、ブログでも簡単なメニュー提案をしておりますのでどうぞご活用くださいませ。

 


ナチュラルキッチンラボのブログ


グルッペ「やおやの料理教室」2月の様子

 昨日、今日とグルッペでやおやの料理教室を行いました。昨日は気温が上がったけれど午後は冷たい風が吹いたり、今日は晴れてもまだ寒さもあったりの春の気候の中、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 今回のメニューは、もち麦のプチプチ食感が楽しい五分搗きご飯、大豆をミキサーでピューレ状にした呉汁(味噌はくらし塾で仕込んだ黒豆味噌を使用)、練りごまのドレッシングのそばサラダ、植物性のカスタードクリームを応用したオレンジクリームにふんわりスポンジ生地を重ねたデザートでした。どれもこれも美味しいとの感想をいただきました。試作した時よりも美味しくできて私も嬉しかったです!

 マクロビオティックの陰陽のお話しは、皆さん興味深く聞いてくださいました。これからも深めていきますので楽しみにしていてくださね。

 

 次回は、豆乳クリームで作るドリア、新玉ねぎのあま~いスープなどです。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。

皆さんと美味しいご飯を楽しく作ります、ご参加をお待ちしております。

続きを読む

ホーム写真、春の薬膳の説明

 

春風が吹いて急に暖かくなると、のぼせてしまい足は冷えているということありませんか。それは、肝の働き過ぎによることと関連するため、それを抑えるようなメニューを考えると良いでしょう。

 

このメニューの全体的なテーマは「春のイライラや冷えのぼせに対応」としました。

特に、アナゴには平肝作用があるためのぼせやイライラ、目の充血などに効果的です。

アサリは、補血作用や熱を冷ます作用がありますし、春の旬食材のひとつでもあるので使いました。

 

他、メニューごとに見たい方はクリックしてご覧ください。

 

 

続きを読む

今日のランチ

 

立春を過ぎて寒暖差が激しく身体への影響が大きい。

私の場合、気温が高くなると野菜いっぱいと穀物だけが欲しくなり、気温が下がると肉や魚・チーズなどガッツリ食べてもお腹が空くので間食も欲しくなる。きっと気温に合わせて身体は調子を整えているのだろう。

 

今日、お昼頃までは良く晴れていて暖かかったので、私の身体は春の浄化する食事を要求してきた。そこで、玄米ご飯と蓮根団子のスープ、車麩じゃが(肉でなく車麩で肉じゃが風に)、たくあん、カブのぬか漬けのランチにした。

私は、このところ玄米ご飯が美味しい!のは体内の浄化・解毒が始まっているからだと思う。季節とのつながりを感じ取り、それに応じた身体の変化がわかるようになり、良かったなとつくづく実感する。