春の薬膳

発芽玄米ご飯、菜の花の味噌汁、煮しめ、山ウドとワカメの酢味噌和え、クレソンとルッコラと黒豆のサラダ、フキ味噌、漬物
発芽玄米ご飯、菜の花の味噌汁、煮しめ、山ウドとワカメの酢味噌和え、クレソンとルッコラと黒豆のサラダ、フキ味噌、漬物

 

。。ナチュラルキッチンラボにようこそ。。。

 このサイトは、身近な食材で作る薬膳料理や日本の伝統食、マクロビオティック料理を提案する料理教室をご案内しています。また、ブログでも簡単なメニュー提案をしておりますのでどうぞご活用くださいませ。

 


ナチュラルキッチンラボのブログ


グリーンピースの含め煮

今、グリーンピースが旬でさやの中で豆がパンパンになっている。実に美味しそうである。

 

そこで、昆布ダシと塩で煮含め最後に薄口醬油をひとたらしで完成。豆が軟らかいので10分ほどで煮あがった。昆布ダシがなければ、昆布を2cm角に切り豆と一緒に煮ればよし。さらに煮る時は豆が煮汁から出ないように紙の落し蓋をすると、豆にシワが寄らずふっくらと仕上がる。今回は彩りに人参も少々加えて煮てみた。

 

グリーンピースの含め煮を口に入れ噛むと、豆がプチンとはじけ青くささの臭みが取れて青い味がする。この味を堪能するならダシは昆布だけでよく、味付けも塩だけでよい。薄口醬油はほんの香り付け程度がよい。

私は、昨夜これに極上の白ワインを合わせて春を満喫した。ワインの紹介はまたの機会に・・。

 

 

グルッペ「やおやの料理教室」4月の様子

 昨日と一昨日はグルッペでやおやの料理教室を行いました。たくさんの皆さんにご参加いただき、ありがとうございました。

 

 今回は端午の節句のための簡単な祝い膳を実習しました。メニューは黒豆を炊き込んだご飯に生の筍を使った味噌汁、車麩を洋風にして人参ソースをかけ、上新粉をこねて蒸して皮を作り白あんを包んだ柏餅でした。中でも筍の茹で汁を出し汁にしたことは皆さんもビックリ!筍のアクはどこにいってしまったのか??それは、アクを旨みに転換させる陰陽の理で料理すると出来るのです。この方法を考案された桜沢先生とマクロビオティック料理は本当に素晴らしいですね。

 今回も楽しい時間を皆さんと過ごすことができて私は嬉しかったです。心から感謝いたします、ありがとうございました。

 

 次回はイタリアンメニューです。詳しくは料理教室のご案内をご覧ください。料理写真はもう少しお待ちください。

 

 

続きを読む

新玉ねぎサラダ

新玉ねぎ甘いね~美味しいね。

ということで私は、最近、新玉ねぎを刻んでサラダにすることが多い。ドレッシングは何でもあうけれど、バルサミコ酢を少し加えるとブドウの甘味・酸味が玉ねぎの甘さとちょび辛の良さを引き出してくれてすごく美味しいよ。

 

レシピはだいたいこんな感じ。

新玉ねぎ1コ カラーピーマンなど彩りに適量 

オリーブオイル大さじ2 酢大さじ1 レモン汁大さじ1 バルサミコ酢小さじ1~2 塩・コショウ少々

玉ねぎは薄くスライスし、かじってみて辛いようなら水に少し晒してよく絞る。カラーピーマンは極薄切り(食べやすい!)

ドレッシングを作り、全体を和える。

*写真は、ブロッコリーとグリーンレタス、赤ワインに浸けておいたレーズンをあわせてみました。