摘みたてのナツメ

 

生のナツメって見たことある?これですよ。

 

スーパーマーケットの中華食材売り場にある乾燥したナツメは私も知ってたけれど、生は初めましてだった。飛騨の生産者のを月田商店経由で購入し、早速食べてみると爽やかな青りんごのような味がした。乾燥したナツメの味とは違って面白い!美味しい!!

乾燥ナツメは赤いよね、と月田さんに聞くと生産者さんが生で食べるのに絶妙なタイミングで収穫してるとのこと、赤くなるまで置いとくと皮が硬くなるんだって。なるほど~さすが生産者さんだね。

 

このナツメを半分ほど乾燥させてみてどうなるか?また、乾燥させたらお知らせするね。

野菜作り日記「枝豆収穫」

私が楽しみに植えた神子大豆は、7月初めに植え付けやっと枝豆として収穫を迎えた。土作りが問題なのかあまり実が入らずちょっと残念な出来になったが、ダンナとふたりで収穫作業をして採れた枝豆を全て茹でてビールと一緒に大いに食べた。残りは冷凍にしていろいろな料理に使おうと思っている。

野菜作りは思う通りにいかないな、とつくづく実感する。

「カチョカバロと蒸し野菜サラダ」いちにち一品

私はチーズが大好き。美味しいカチョカバロが食べたいな~、と食べチョクを検索していたら北海道のGrateful Farmさんが牛を放牧して無農薬の草を食べさせて・・とこだわりのチーズを作っている、とのことでお試しセットを頼んでみた。

その種類は、さけるタイプのストリングチーズ、カチョカバロ、モッツァレラ、ゴーダの4種類。材料はミルクと塩だけというだけあってミルクのやさしい甘さとほのかな塩味でシンプルそのもの!私は好きな味だ。

 

カチョカバロは薄めにスライスして焼くと表面がカリカリ、中はトロ~リとした食感が楽しめる、と案内にあったので私は蒸し野菜をたっぷり用意し、フライパンで焼いたカチョカバロをトッピングした。

カチョカバロは焼いたらすぐに食べた方がいいね、時間が経ってしまうとトロ~リ感が失われてしまうから。でも美味しかったよ!

野菜作り日記「大根・カブの種植える」

前回の野菜作り日記ブロク記事から3週間ほど経ち、その間に大根・カブ・人参の種を植えた。

写真は大根の芽が出たところで、これから本葉が出てきたら間引きをして最後は1本を残して生長させる。カブも同様にして種から植えた。

 

すごく当たり前のことだけど、種を植えて芽が出てくるのを見るのが嬉しいし、どんどん伸びてくれと思う。童話のジャックと豆の木やとなりのトトロのサツキとメイの気持ちがよくわかる。

 

今年の10月は夏日があったりして植物たちもしんどいだろう、それに虫たちもまだまだ元気で私としては気が気でないが、まぁ少しくらいは虫にも美味しい葉っぱをお裾分けしよう、くらいの気持ちでいることにした。

続きを読む

「手作り紅生姜」保存食

私は、料理の仕事を始めてから紅生姜を買わなくなった。生姜と梅酢さえあればいつでも作れるからね。簡単なので作り方をシェアします。写真左側は生姜を梅酢に漬けてすぐ、右側が半日ほど経って完成し冷蔵庫へ。

生姜も梅酢も適量。生姜をスライスして鍋に水と共に入れ中火にかける。沸いてきたらひと呼吸置いてザルにあけて湯切りし、ボウルなどに入れて梅酢をヒタヒタに注ぐ。時々、生姜を返して全体に梅酢を染み込ませ冷蔵庫で保存する。

*私は生姜は皮ごと使いますがむいてもいいでしょう。

*生姜の茹で汁を捨てずにハチミツなどを加えてハチミツ生姜茶にしても美味しい、よかったらお試しください。