ブログカテゴリ:2016年10月



26日 11月 2016
 大根を干してムニュって感じにすると、軟らかくて味の濃い煮物ができますよ。 私は大根を丸ごと干してから使ったけれど、時間がない時は切ってから干した方が早く干せるから楽かも。  レシピというほどでもないので簡単に書いときます。...
31日 10月 2016
 最近、気温の低下と共に空気も乾燥してきてやたらと喉がいがらっぽく、鼻も急に詰まったりする。蓮根を食べるようにしているけれど、他に喉に良いものは?と身体に聴いたら・・杏仁と答えてくれた。...
29日 10月 2016
 最近よく蓮根を食べている。季節がら喉がいがらっぽい感じがあり、食べると薬のように効果的だ。あまりにも簡単なので詳しいレシピを省き、ざっと内容を記すので気になる方はどうぞ、作ってみてね。...
25日 10月 2016
私が元気をなくしていたら・・「これをどうぞ」と、大事な方からお菓子をいただいた。ごちそうさまです。 それは、京都の老舗「亀屋清永」の灯の香というお干菓子。和三盆糖と大徳寺納豆(黒い点々)で作られているが、大徳寺納豆が味のアクセントになっていて味わい深い。 久々にお薄を点ててゆっくりとゆっくりと味わう。...
23日 10月 2016
 ウチには電子レンジがない。食べ物を温めるときに電磁波でなく蒸気の方がふんわりして、私は好きだから。それに、家族の人数も少ないので電子レンジが無くてもさほど不便を感じないから。...
20日 10月 2016
 少しだけ残った切干大根を忘れていて、茶色く変色しているのを見つけた時・・使うか処分するか迷ってしまう。そんな時は、まずよくもみ洗いして水に浸けておくと切干大根の茶色が抜けるので、それからよく絞り通常に料理できる。但し、切干大根の甘味も抜けているのでみりんなどを使うと美味しくなる。今回は、蓮根と一緒に煮て最後に赤ピーマンを彩りに添えた。レシピは↓クリックしてね。  他は、できたばかりの味噌をおにぎりに付けて焼いたもの、とろろ昆布とねぎのクイック味噌汁、大根のぬか漬けの純和風ごはん。  私の母は、おにぎりに味噌を付けると必ず焼いてくれた。味噌が焼けて香ばしくなりすごく美味しくなる。焼きたてをハフハフ言いながら食べるもよし、お弁当に持って行ってもよし、味噌を少し焦がしたくらいが美味しい。  子どもの頃に食べたものは、大人になっても自分の核の深いところを支えてくれてる気がする。
19日 10月 2016
 11月に行うやおやの料理教室のメニュー。  料理教室のご案内ページでも写真をアップしていますが、あまりにも美味しいのでブログでも紹介します。...
18日 10月 2016
 毎年お米を送っていただいている合鴨農家の稲村さんから今年も新米が届いた。箱の隙間にまるでプレゼントのように採れたて野菜を入れてくださる。今回はさつま芋だったので、最後にチーズものせて焼き、ガレットにしてみた。フライパンで15分くらい焼くとできる簡単お惣菜、おやつにもいいよ。 <さつま芋のチーズガレット>...
17日 10月 2016
 昨日は、グルッペでやおやの料理教室を行いました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。...
13日 10月 2016
今日は十三夜、先月の十五夜もそうだったけど曇って見えない。 そこで、お供えの栗の渋皮煮を13コ盛ってその代わりにする。私は砂糖を少なく煮るので、栗の味がよくわかるし、優しい味になる。コックリ甘い栗をお好みの方には物足りないと思うけど。 そして、栗ご飯。 昆布と酒と塩、栗で炊いた。この材料を見ると本当にお供えものという感じ。...

さらに表示する